Richmond School District(リッチモンド学区)

リッチモンド学区

リッチモンド学区(Richmond School District)はバンクーバー市内から約25分ほど、バンクーバー大都市圏の中では一番犯罪発生率の低いエリアと言われています。

多様な民族が生活しているエリアということもあり、地域全体で留学生をサポートしていこうという雰囲気で、コミュニティセンターや同好会等にも気軽に参加することができます。

留学生ということをあまり意識せず、自然にコミュニティに溶け込むことができるでしょう。

リッチモンド学区の特徴

1.優れた留学生向け英語プログラム(ELL)の提供

リッチモンド学区の特徴
リッチモンド学区では、英語学習カリキュラムの開発や生徒の英語力を正しく見極める技術の向上を推し進めており、ELLプログラムはカナダ国内においてもトップレベルを自負しています。その証拠にリッチモンド学区でELLプログラムを修了した留学生の高校卒業資格取得率の高さは、ブリティッシュコロンビア州の中でも群を抜いていて、毎年上位にランクインしています。

2.多種多様なアカデミックプログラム

リッチモンド学区の特徴
他の学区同様、リッチモンドでも様々なアカデミックプログラムが提供されていますが、例えば、航空科学・エンジニアリングなど、ハイテク産業が主な産業となっているリッチモンド市らしい専門コースもあります。この他、美術やスポーツのアカデミーもあり、それぞれの興味をより深堀することのできる教育が提供されています。

3.リッチモンド・コネクションズ・プログラム

リッチモンド学区の特徴
「リッチモンド・コネクションズ・プログラム」とは、留学生が早くカナダに馴染めるよう、また新しい友人たちが交流できるような環境を提供するプログラムです。例えば、放課後などを利用して英語学習や、社会や科学のプロジェクト、カナダ文化を学習したり、土曜日を利用して小旅行などのイベントを開催したりしています。各学期でこのプログラムに参加した80%以上の生徒たちが、スピーキングやリスニングが向上した、そして新しい友人ができたなど好評を得ています。

4.国際教育課のサポート体制

リッチモンド学区の特徴
リッチモンド学区が直接リクルートし厳選した質の高いホームステイプログラムが運営されており、何かあれば安心してファミリーに相談していただくことができます。もちろんそれだけではなく、各学校に常駐の留学生コーディネーターや、国際教育課のオフィスマネージャーが、不慣れな海外生活の中で生じる問題や授業選択・進路指導などをしっかりサポートしてくれる体制も整っています。

カナダ高校留学|申込受付期間

カナダの高校へ9月に入学する場合

9月入学申込受付期間:9月~4月

第1期申込受付 2月末まで

第2期申込受付(最終締切) 4月末まで

カナダの高校へ1月に入学する場合

1月入学申込受付期間:1月~9月

第1期申込受付 7月末まで

第2期申込受付(最終締切) 9月末まで


※申込受付期間内でも、各学校の定員人数を満たした場合は、申込受付を終了させていただきます。 あらかじめご了承下さい。

リッチモンド学区留学のための出願書類

☑ 入学願書 ※1
☑ 出願申請料
☑ 過去2年分の成績表(英文)
☑ パスポートコピー
☑ 証明写真
☑ 予防接種履歴
☑ 英語力の証明(もしあれば)
※2

※1 オンライン申請の場合は、和訳した内容を書面でお送りし、ご回答いただき、代理申請いたします。
※2 英検やTOEICなどの証明書

リッチモンド学区費用概算

入学時期・留学期間9月・2月入学:1セメスター(5ヶ月)または1年間~
★おすすめ!高校体験プログラム 1か月~3か月留学も条件により可能。ご相談ください。
費用概算(2021年度)1年費用概算:約CAN$27,500
<上記料金に含まれるもの>
学費、入学金、ホームステイ、保険、後見人費用 など

1セメスター費用概算:約CAN$14,300
<上記料金に含まれるもの>
学費、入学金、ホームステイ、保険、後見人費用 など

高校体験プログラム3か月費用概算:約CAN$10,000
<上記料金に含まれるもの>
学費、入学金、ホームステイ、保険、後見人費用 など

※上記金額に留学保険、弊社プログラム費用が別途追加となります。

リッチモンド学区|高校一覧

リッチモンド学区で、高校留学ができる学校の一覧です。

リッチモンド学区地図

①H.J.キャンビー・セカンダリー・スクール

ヘンリー・ジェームス・キャンビー・セカンダリー・スクール H.J. Cambie Secondary School
H.J. Cambie Secondary School
イーストリッチモンドコミュニティーセンターに併設しており、あたかも学校と地域が一体になったような多様性のある学習環境を楽しむことができます。この学校はスポーツと勉学の両面で優秀なことで知られており、受賞歴のあるロボット工学クラブや州大会で輝かしい優勝実績のあるバドミントン・卓球・バレーボールクラブがあります。

■場所リッチモンド市中心部へバスで約25分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 850名
■滞在ホームステイ
■学期制リニア制

②アラン・ロイ・マックニール・セカンダリー・スクール

アラン・ロイ・マックニール・セカンダリー・スクール (A.R. MacNeill Secondary School)
A.R. MacNeill Secondary School
生徒各自の学習スタイルを尊重し、フレキシブルなクラス選択に重点を置いています。リニア制の学校ですが、2学期制の学校と同様に同じ教科において1年に2学年レベル履修することが可能です。アドバイザリーと呼ばれるホームルームのようなクラスの担当教員で生徒一人ひとりを社会的に、精神的にそして学力面からサポートしていきます。

■場所リッチモンド市中心部へはバスで約20分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 950名
■滞在ホームステイ
■学期制リニア制

③ジョン・ネイピア・バーネット・セカンダリー・スクール

ジョン・ネイピア・バーネット・セカンダリー・スクール J.N. Burnett Secondary School
J.N. Burnett Secondary School
すべての学生が新しいアイディアに触れ、新しい知識や技術を得るために今まで選ばなかった方向に進み、人生において成功するための基礎を身に着けることを目指し、思いやりがありサポートを惜しまない学校環境を。築いています。学力面、芸術&パフォーミングアート、運動部、社会貢献に熱心な高校であることに誇りを持っています。

■場所リッチモンド市中心部へバスで約25分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 940名
■滞在ホームステイ
■学期制セメスター制

④リッチモンド・セカンダリー・スクール

リッチモンド・セカンダリー・スクール Richmond Secondary School
Richmond Secondary School
リッチモンド市の繁華街近くに位置しています。さまざまなバックグラウンドを持ち、多種多様な興味を持つ生徒たちがのびのびと学べるような環境作りを行っています。学校は、生徒が刻々と変わりゆく社会の中でパーソナルベストを達成し、自律的で生産性を持ち合わせ活躍できるような人材を育成するプログラムとアクティビティを提供しています。

■場所リッチモンド中心地までバスで約20分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 1,250名
■滞在ホームステイ
■学期制リニア制

⑤ロバート・セシル・パルマー・セカンダリー・スクール

ロバート・セシル・パルマー・セカンダリー・スクール R.C. Palmer Secondary School
R.C. Palmer Secondary School
小規模でアットホームな校風で、総生徒数が少ないため教員と生徒の距離が近く、双方ともに課外活動には特に力を入れて取り組んでいます。活動内容は運動競技や同好会レベルのスポーツクラブ、演劇、リーダーシップや地域貢献に関するもので、多くの生徒が複数の課外活動クラブに属して活躍しています。

■場所リッチモンド中心地までバスで約20分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 750名
■滞在ホームステイ
■学期制リニア制

⑥ヒュー・ボイド・セカンダリー・スクール

ヒュー・ボイド・セカンダリー・スクール Hugh Boyd Secondary School
Hugh Boyd Secondary School
ウェストリッチモンドコミュニティセンターに隣接するヒューボイドセカンダリースクールはとても活気があり、中規模高ならではの暖かく親切な校風の学校です。2011年よりIB(国際バカロレア)プログラムを提供しています。さまざまな年間行事やチャリティー活動を通じて地域との密接な関係作りを目指しています。

■場所リッチモンド中心部までバスで約30分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 850名
■滞在ホームステイ
■学期制リニア制

⑦マシュー・マクネアー・セカンダリー・スクール

マシュー・マクネアー・セカンダリー・スクール Matthew McNair Secondary School
Matthew McNair Secondary School
さまざまなプログラムがある中規模の学校で、8~12年生の特に学習意欲の高い生徒向けに「ミニスクール」プログラムを提供。このプログラムでは通常のクラスに比べ、よりレベルの高いアカデミックな科目とリーダーシップスキル、野外活動などを中心に学びます。また、レベルの高いビジュアルアートや調理に関するプログラムが揃っています。

■場所リッチモンド中心地までバスで約30分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 950名
■滞在ホームステイ
■学期制セメスター制

⑧ヒュー・マックロバーツ・セカンダリー・スクール

ヒュー・マックロバーツ・セカンダリー・スクール Hugh McRoberts Secondary School
Hugh McRoberts Secondary School
フレンチイマージョンのある学校の1つです。同校は長年にわたり学業や運動競技、地域活動において優秀で伝統ある実績を修めており、また芸術、スポーツ、福祉サービス等の幅広い分野の課外活動を行っています。生徒は希望により学習内容の理解をより深めるためにの海外研修に参加することができます。

■場所リッチモンド中心地までバスで約25分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 1,150名
■滞在ホームステイ
■学期制リニア制

⑨スティーブストン・ロンドン・セカンダリー・スクール

スティーブストン・ロンドン・セカンダリー・スクール Steveston-London Secondary School
Steveston-London Secondary School
リッチモンド市の南端にある規模の大きな学校で、最近改築工事を行った校舎は新しくきれいで、専門的な知識を養うコースを受講することができます。またスティーブストンエリアは、日本人の移民の歴史を持つエリアです。その方々が持ち込んだ日本文化が、今どのようにカナダの文化となって根付いているのか、調べてみるのも面白いでしょう。

■場所リッチモンド中心地までバスで約25分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 1,250名
■滞在ホームステイ
■学期制セメスター制

⑩R.A.マックマス・セカンダリー・スクール

ロバート・アレキサンダー・マックマス・セカンダリー・スクール R.A. McMath Secondary School
R.A. McMath Secondary School
大規模校で、校内にはフランス語で全教科の授業を受けるフレンチイマ-ジョンコースがあり、英語と合わせ2カ国語でクラスを提供しています。リッチモンド市の中でも古い歴史のある町、スティーブストンに校舎を構える同校では運動競技やアート、リーダーシップといった様々な課外活動を行っています。

■場所リッチモンド中心地までバスで約35分
■学校形態公立高校、共学
■学生数約 1,250名
■滞在ホームステイ
■学期制リニア制

リッチモンド学区紹介動画

カナダ高校留学ガイドブックをプレゼント!

サンプル画像
カナダ高校留学がまるごと分かる!カナダ高校留学ガイドブックを無料でプレゼントします。

カナダの魅力や教育について、カナダ高校留学の特徴や留学生の1日の流れなど盛りだくさんの内容!

カナダ高校留学に興味はあるけど、まだ何もわからないという方は、ぜひダウンロードしてください!

高校留学のご相談・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
何でもご相談ください!
お問い合わせフォーム
オンライン個別留学相談会
高校留学に興味がある方必見!
オンライン留学説明会
オンライン個別留学相談会
スマホやPCで気軽に!
オンライン個別留学相談会