国内留学 in 東京グローバルゲートウェイ(TGG)

見出し

ISI国際学院オリジナルプログラム!国内留学 in TGG

TOKYO GLOBAL GATEWAY(東京グローバルゲートウェイ、以下TGG)とは、株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAYと東京都教育委員会が2018年にお台場に開設した、まったく新しいタイプの体験型英語学習施設。

日本人のグローバルなコミュニケーション能力には、大きな課題があるとされている中で、児童・生徒が英語を使用する楽しさや必要性を体感し、英語学習の意欲向上のきっかけ作りを目的として設立されました。

今回、ISI国際学院とTGGがタッグを組むことで、皆様により楽しく、リアリティを追求した環境で、実践的に英語を学んでいただけます。

「わかった」「通じた」という英語コミュニケーションの成功体験を得て、英語学習意欲を高めます!

グローバル人材を育む英語「実践の場」

TGG設立の目的は、普段の学習効果を高めるために、英語を体験する場を設けること。

NHKテレビの語学講座などでご活躍の立教大学経営学部教授の松本茂先生が顧問及びプログラム総監修を担当しています。松本先生は、日ごろ「日本人の英語力が伸びないのは、活用機会が少ないことが原因の一つである」とおっしゃっています。

TGGプログラムでは、英語教育に安心安全な実践の場作りを目指しています。プログラム内容、設備、イングリッシュ・スピーカーを配置している点など、学校現場ではなかなか実現できない環境がTGGにあります。

TGG体験型英語学習プログラムの5つの特徴

① 英語が飛び交う非日常空間で成功体験が得られる!
② 生徒8名につき1名のイングリッシュ・スピーカーがずっとサポート!
③ 英語初級者から上級者まで様々なレベルに対応し、みんなが楽しめる!
④ 国際機関やグローバル企業、海外の団体等と連携したプログラムもご用意!
⑤ 英語教育の専門家が監修しかつ有効なプログラム!


プログラム日程

A:2021年02月13日(土)13:35~17:00
B:2021年03月13日(土)13:35~17:00


 お申込期日 
A:2020年12月09日(水)
B:2021年01月09日(水)

定員・最少催行人数

定員:32名

※最少催行は、8名様以上となります。

プログラム料金

各プログラム:9,800円(税込)
※保護者の方は、入館料1,100円(税込)にて見学が可能です。(注1)

プログラム料金に含まれるもの:英語レッスン料(教材費、アクティビティ代 含)、TGG入館料、スタッフ同行費用

プログラム料金に含まれないもの:自宅から集合解散場所までの往復交通費、個人的費用:お小遣い(お菓子、お土産など)

(注意1)
・TGGが掲げる新型コロナ感染症拡大防止への取り組みにご協力をお願いいたします。
・入館料1名につき1,100円(税込)となります。
・保護者の方はプログラムへの参加はできません。エリア外からの見学となります。
・兄弟姉妹のご入館もご遠慮いただいております。
・写真や動画撮影は禁止です。
・再入館は可能です。お子さまと一緒にお帰りの場合は、プログラム終了までには館内にお戻りください。
▼お申込みフォーム▼
申込期日までにこちらのフォームに必要事項を記入し、送信ください。

プログラム実施場所

当日は東京グローバルゲートウェイに直接お越しください。

受付エリアで弊社スタッフがお待ちしております。

◆集合/解散場所
東京グローバルゲートウェイ(TGG)館内受付エリア
東京お台場のタイム24ビル内
〒135-0064
東京都江東区青海2-4-32
TIME24 1-3階

最寄り駅:
ゆりかもめをご利用の場合「テレコムセンター駅」下車、徒歩2分。りんかい線をご利用の場合「東京テレポート」駅下車後、都営バスに乗り換えて「東京港湾合同庁舎前」下車すぐになります。
詳しくはアクセスをご覧ください。
↑ゆりかもめテレコムセンター駅からTGGまで写真つきガイドも掲載されています。

プログラムスケジュール

スケジュール
13:10~13:30入館・集合スタッフにお声がけください。
13:35~14:10チームビルディング開始外国人スタッフとグループになって、自己紹介やゲームをします。
14:10~15:10セッション1エアポートゾーンまたはトラベルゾーンでプログラムを受けます。
15:10~15:20休憩(10分)外国人スタッフが次の教室へ連れて行ってくれます。
15:20~16:20セッション2Sound Effectsプログラムを受けます。
16:20~16:55振り返り外国人スタッフとグループで今日の振り返りをします。
17:00解散お疲れ様でした!お気をつけてお帰りください。

外国人スタッフが常に一緒で安心!

面倒見の良い外国人スタッフが、プログラムのサポートから教室移動までずっと一緒

サンプル画像
8人1グループにつき1人の「エージェント」と呼ばれる外国人サポートスタッフが、TGGで過ごす時間の最初から最後まで付きます。

エージェントは、約40カ国の国々出身のイングリッシュスピーカーです。

ネイティブかどうかではなく、ダイバーシティを重視して採用しているそうで、英語が世界中で話されている共通語だということを体感してもらうためということです。

当日はどの国の外国人スタッフが担当になるか楽しみにしていてくださいね!

プログラム内容(予定) 

アトラクションエリアとアクティブ・イマ―ジョンエリアで各1つずつ体験できるプログラムをご用意しています。
※各日程につき、体験できるプログラムが異なります。

アトラクションエリア

「英語が通じた!」感動を味わおう。

アトラクションエリアとは、海外の街並みがリアルに再現されたエリア。
飛行機内やスーベニアショップ、クリニックなど海外で訪れることが想定される施設を舞台に、店員役を務める外国人スタッフを相手に、お題を使って英語でやりとりをします。
お題はレベル別に分かれているため、初心者の方にも楽しんでいただけます!
※8名に1名のイングリッシュ・スピーカーが付き添い、グループで各アトラクションエリアを回るプログラムです

発話を促すミッションカードで、一人ひとりが成功体験を得られます!

サンプル画像
アトラクションエリアでは、「ミッションカード」を使ってやりとりをします。
「この商品を買おう」や「症状を伝えて風邪薬をもらおう」などの「ミッション」がカードに書かれており、参加者はこのミッションを「クラーク」と呼ばれるイングリッシュ・スピーカーとのやりとりを通して達成します。
実際にクラークとミッションを行う前に、外国人サポートスタッフがやり取りを練習して、単語などを教えてくれます。
クラークや外国人サポートスタッフは一人ひとりが発話をできるようにサポートし、参加者はそれぞれ異なるミッションにチャレンジするため、一人ひとりが「伝わった!」という成功体験が得られます。

2月13日(土) エアポートゾーン

サンプル画像1
「エアプレイン」「レストラン」「スーベニアショップ」の3つのプログラムをご用意。海外旅行で誰もが経験しうるやりとりを体感できます。
発話イメージ:“~, please.”や“I want ~.”などのシンプルなフレーズを使いながら、自分のほしいものを正確に伝える力を養います。

3月13日(土) トラベルゾーン

サンプル画像1
「ファーマシー」「ファーストフード」「トラベルエージェンシー」の3つのプログラムでリアルな場面設定で定員とやりとりができます。
発話イメージ:“~, please.”“No ~, please.”など、ほしいものや除いてほしいものを伝えながら、食べ物や飲み物を注文します。

アクティブ・イマ―ジョンエリア

英語を使って、学びを深める。

TGGのアクティブ・イマ―ジョンエリアでは、英語学習とともに様々な分野の知識・思考を深めます。

新しい学びや考え方・気づきを得ていく過程の中で、必要な英語の語彙や表現を学びます。

グループワークをしたり課題に対して、ディスカッションをしたりと、協調性を育みながら主体的にやりとりし、知識を深めます。

Sound Effects(身近なものから効果音を作り出そう)

サンプル画像1
小学生にとても人気のプログラムです!
グループワークでは、映像に合わせて、さまざまな素材を組み合わせて効果音を作り出し、録音して、映像と音を合わせて発表します。
外国人スタッフがサポートに入りながら、英語での発話を促し、グループワークを行います。

【目標・ねらい】
・さまざまな素材の組み合わせで身の回りの効果音が生み出せることを理解する
・風が吹く音や雨音などの英語での表現を学び、日本語との違いに気付く
・自分のアイディアを提案したり、相手の意見に賛成・反対したりする表現を理解する

【プログラムの内容】
効果音を表すときの英語と日本語の違いを学んだり、音がない映像を見てそこで起きていることや適する効果音等をグループで話し合ったりします。
さまざまな素材を組み合わせて独自の音を作り、グループ間で発表し合います。
▼お問い合わせフォーム▼
ご不明点やご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

▼お申込みフォーム▼
申込期日までにこちらのフォームに必要事項を記入し、送信ください。

FAQ

小学生1年生から6年生まで同じプログラムを受けますか?

はい、プログラムは学年ごとに変更はありません。
外国人スタッフが常に一緒に行動し、各参加者の英語レベルや理解力に合わせて対応してくれます。
学年や年齢ごとではなく、英語レベルに合わせて、ミッションカードが変わったり、外国人スタッフの会話で使用する語彙が変わったりします。

オールイングリッシュのイベントに参加させるのに不安があります。

小学生のうちから、英語の環境に身を置くことは、英語への抵抗がなくなり、英語脳・英語耳が育つなどメリットが多いです。※
また、実際参加している小学生と中学生を比較したところ、小学生が参加する一番のメリットは「恥ずかしがらないこと!」だと再認識しました。
今後、海外留学やサマースクールなどをお考えの方は特に、国内留学でオールイングリッシュの環境を経験しておくと良いと思います。

※詳しくは、英語学習は早ければ早いほどいい?早期英語教育のメリットとデメリットをご覧ください。

東京グローバルゲートウェイ(TGG)はどんなところですか?