ELS Language Centers

学校紹介

語学学校ELS Language Centersは、創業から半世紀以上、主に北米に多くの校舎を持ち、そのほとんどが大学やカレッジのキャンパス内にあります。一般英語、それから学生ビザを取得せずにご参加いただけるアメリカンエクスプローラーなどのプログラムも用意していますが、もっとも人気があるのは「English for Academic Purpose」、進学英語プログラムです。学校のあるカレッジ・大学のみならず、アメリカやカナダのカレッジなどと提携をしており、規定レベルを修了することで入学を認めてもらえる「条件付入学」ができる学校として、高い人気を誇っています。カレッジ・大学内にあることでそれらの非常に便利な施設をご利用いただけるだけでなく、語学力が上がれば大学の講義を聴講することができる校舎もあります。その他、現地学生との交流に力を入れている学校もあります。

おすすめポイント

・12(101~112)に分けられた細かなレベルで自身にあったコースでスタート
・カレッジ・大学への進学を検討されている方に条件付入学が可能
・学校が入っているカレッジ・大学の施設を利用することができ、短期であってもキャンパスライフを満喫できます
・語学力によって学校が入っているカレッジ・大学の講義を聴講や単位履修もできます

コース開始日

この学校は4週間を1セッションとしています。入学タイミングも4週間に1度となっています、別途記載しております入学日をご確認くださいませ。アメリカの校舎に関してはそれぞれA日程、B日程で開始日が異なります。以下ご確認くださいませ
A日程校舎/2018年開始日
1月8日、2月5日、3月5日、4月2日、4月30日、5月28日、6月25日、7月23日、8月20日、9月17日、10月15日、11月12日、12月10日
B日程校舎/2018年開始日
1月1日、1月29日、2月26日、3月26日、4月23日、5月21日、6月18日、7月16日、8月13日、9月10日、10月8日、11月5日、12月3日

滞在方法について

多くの校舎がオンキャンパスとなっているため、学生寮滞在も可能です。いずれも非常に人気が高いため、空室状況等をお早目にご確認いただく必要がございます。

カレッジ・大学オンキャンパス校舎での各種プログラム

Undergraduateは学士号(大学)レベル、Graduateは修士号(大学院)レベルの勉強をすることが可能となります。
‐聴講‐
ご参加いただいているセッション中に、提携のカレッジ・大学の講義を聴講に行くことのできる場合、その回数、およびそのために必要なレベルとなります。
‐単位履修‐
提携しているカレッジ・大学で提供されているコースの科目を、ご参加期間中に履修できる場合、必要なレベル、それから履修可能な単位数を表しています。
注意:単位履修は科目分の費用を別途大学に支払う必要があります
‐条件付入学‐
提携しているカレッジ・大学へ、その後そのまま入学する場合に求められるレベルを表示しています。
‐112レベル‐
ELSの最高レベルは「112」になりますが、そのレベルの修了を修了した時点で、提携しているカレッジ・大学の単位として認められる場合には単位数を表記しています(別途費用が生じます)。
‐奨学金‐
ELSからスタートし、その大学に入学する際、ELS規定の英語力+GPA、これらの規定条件を満たすことで奨学金を受けることができるよう場合にはそれぞれの要件が表記されています。
※いずれも提携しているカレッジ・大学側の都合で予定なく変更になる可能性があります、ご注意ください

American Conversation Partner

ELSが入っている学校に通う現地学生との交流の場を持つことができる校舎となっていて、留学生・学校スタッフとの交流だけでなく、「現地学生」と知り合うことのできる絶好の機会になっています。

Volunteer Program

ボランティアにご参加可能な学校に関しては表記が「可能」となっております。具体的な内容、それからご参加に求められる英語力などに関しては別途、お問合せください。

ELSレベル

Master
112
111
110
最上級
英語を容易に理解し、話すことができる
読み書きも問題なく、高等教育期間への出願要件を満たしている
ビジネス会話も英語で行うことができる
オプション
大学含む高等教育期間への入学
Advanced
109
108
107
上級
ほぼどのような状況でも英語でのコミュニケーションが可能である
多分野でのイディオムを理解し、使うことができる
どのような会話でもほぼ参加することができる
オプション
コミュニティカレッジへの入学
Intermediate
106
105
104
中級
英語で意見を述べ、事実を話すことができる
ほぼすべての問い、発言を通常速度で話していれば理解できる
ネイティブスピーカーとの会話を行うことができる

オプション
試験・ビジネスコースへの参加
Beginner
103
102
101
初級
一般会話を基礎レベルで行うことができる
ゆっくり、しっかりと話す英語は理解できる
簡単な質問や指示に対応できる

English for Academic Purpose(EAP)

ELS Language Centersの代表的なプログラムであり、海外カレッジ・大学への進学をお考えいただく方に非常に人気のあるコースとなっています。週30レッスン、午前・午後(1日6コマ)、午前中は語学の基本的なお勉強、読み書き、それから聞いて話す力を身に着ける為のコアレッスンとなっています。午後からはカレッジや大学のメインストリーム(科目履修中)に最も必要とされる「読解力」、それから日本人が得意なようでなかなか伸ばすことのできない「アカデミックライティングスキル」を磨くコースとなっています。
こちらのコースにアメリカでご参加いただく為には学生ビザを申請・取得しなければなりません。

General English

集中的に「会話」する為の力を身に着けたい、という方の為に用意された「一般英語コース」となります。週30レッスン、午前・午後(6コマ)とも、お昼の休憩をはさんでレッスンにご参加いただくコースとなります。午前中はコアレッスン、読み書き、聞き話すためのコースとなっており、レベルによって内容が異なってきます。午後も引き続きレベルに合わせた一般的な英語を磨く為のレッスンを受けていただくことになります。長期でご滞在をされる方で、進学する為、ではなく会話力を高め、現地で生活をしていく上で必要な英語を求める方向けのコースとなっております。
こちらのコースへのアメリカでのご参加には学生ビザ申請が必要となります。

Semi-Intensive English

週20レッスン、月曜から木曜は午前・午後、金曜日は午前中のみ(4コマ)となります。お昼までは学校で集中して語学を身に着けながら、午後は自分のペースで勉強をしたり、息抜きをしたり、といったご留学をお考えの方におすすめのコースとなります。
アメリカでのご参加には学生ビザ申請が必要となるコースです。

American Explorer

留学の目的を「語学習得」ではなく、「楽しく滞在しながら、半日は現地で言葉を学べるといいな」という方向けのアメリカで実施されているコースです。授業は月曜日~金曜日の午前中のみの週15レッスン(3コマ)、午後は学校が準備する様々なアクティビティ(有料・無料のものがあります)にご参加いただいたり、その都市それぞれの観光地などにご自身でおでかけいただくコースとなっております。4週間を1セッションとしていて、最長3セッションまでのご参加(12週間)が可能となっています。
このプログラムのご参加には学生ビザが不要です。

Business English

週30レッスン、午前・午後ともにレッスンとなるコースです。月曜日~金曜日にかけて午前中は基礎(コアレッスン)を受講、語学力のベースアップをしながら、午後はレベルに合わせたビジネス英語を身に着けます。ビジネスシーンで用いられるボキャブラリーはもちろん、電話対応スキル、プレゼンテーションや交渉術を学びます。ただし、こちらのコースにご参加いただく為には中級以上の語学力(学校規定のレベル以上)が必要となります。現地にてクラス分けテストを受けていただき、その際に規定レベルに達していない場合にはGeneral Englishコースにて英語力を磨いてからのご参加をしていただくことになります。
こちらのコースにアメリカでご参加をご希望される場合には学生ビザ申請が必要です。

校舎案内

アメリカ 西海岸

オーストラリア