シニア留学FAQ
50代、60代からの大人の留学(シニア留学)について、よくある質問をまとめました。さらに詳細についてお聞きになりたい方は、お問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

どのくらいの期間で留学するのが良いですか?

留学期間は人によってさまざまですが、いきなりの長期滞在が不安な方は1週間から1か月にかけての留学に挑戦してみるのもおすすめ! シニア留学は、語学の授業が中心というよりも、語学とカルチャー体験などのアクティビティを組み合わせた短期プログラムが多い点が特徴です。 また、「昔行った国で暮らしてみたい」「憧れだった地での生活を満喫したい」という理由で長期滞在にチャレンジする方も。 期間を自由に設定できるのも、シニア留学だからこその魅力ですね。

年齢制限はありますか?

シニア留学の中には、「50代以上限定」といったような制限を設けているプログラムもあります。 年齢の上限は設定されていないことがほとんどなので、近い世代同士で参加できるのが嬉しいですね♪。プログラムの内容は、文化体験や参加者同士の交流会など、多彩なアクティビティが組まれているもの! 午前に語学レッスン、午後はフリータイムというスケジュールが多いので、語学プラスαをバランス良く楽しむことができます。

英語力が不安なのですが授業についていかれますか?

語学学校では、参加者の語学力に合わせたクラス編成が行われます。 ですので、語学が初心者の方でも安心して参加することができますよ! シニア留学は、世代の近い方が集まることが多いです。 留学生同士で仲間を作りながら、一緒に楽しく語学を学んでいってくださいね♪ また、大学や大学院などで専門分野を学びなおしたいのであれば、学校が定める基準を満たすようにしておかなければなりません。 語学力の基準を満たせるように、まずは語学留学に挑戦したり、日本にいるうちから語学の勉強をしたりするようにしてくださいね。

どのような滞在方法がおすすめですか?

シニア留学での滞在方法は、寮やアパート、ホームステイ、ホテルなどさまざまです。 ホームステイの場合は、運営機関の滞在担当者が、シニアの受け入れに慣れたホストファミリーや同世代のホストマザーのご家庭など厳選してくださる場合もあります。 また、ステイ先のホストファミリーが語学を教えてくれる「教師宅ホームステイ」というスタイルもありますよ! それぞれの好みで滞在スタイルを選ぶことがおすすめですが、より現地の生活に触れる経験をしたいという方はホームステイにチャレンジしてみるのもいいでしょう。一方、費用は割高になりますが、ホテルやコンドミニアムへの滞在もおすすめです。友人同士や夫婦で留学するなら、コンドミニアムでの共同生活も楽しいでしょう。
留学中の滞在先としては、ホームステイや寮、シェアハウスなどがあります。
ただし、このような滞在先は基本的に知らない人と部屋を共有しなければならないため、気を遣うという人も多いでしょう。自分のペースで過ごしたい場合は、1人部屋かどうか確認が必要です。

持病があるのですが大丈夫でしょうか?

日本での日常生活を問題なく送ることができれば、留学することは可能です。 病気や健康面で心配がある方は、主治医や病院で相談をしたうえで検討するといいでしょう。 万が一、突然の病気などで入院や手術をすることになれば、海外では高額な医療費が発生してしまいます。 留学の際は、海外保険へ加入していきましょう。
留学先によっては日本語で対応してくれる病院もあるので、事前に調べておきましょう。
また服用している薬がある場合は、必ず滞在期間分の薬を処方してもらいます。滞在期間が長くなる場合は、現地でも薬を調達できるように、処方してもらっている薬の詳細を書面にしてもらい、渡航先へ持参しましょう。

シニア向けのプランにはどのようなものがあるのでしょうか?

シニア留学におすすめのプランとして、参加者をシニアに限定したプログラムもあります。若い人たちと一緒に勉強するのは気が引けるという方におすすめです。
また英語初心者で授業についていけるか心配という場合、少人数やマンツーマンのクラスを選択することで、初心者でも気兼ねなく勉強に打ち込めます。
他にも、ゴルフやマリンスポーツ、観光ツアーなどのアクティビティが付けられるプランも人気です。大都市よりもリゾート地や自然が多い場所で趣味を楽しみつつの留学もおすすめです。
サンプル画像
↓まずはお問い合わせフォームで、何でもご相談ください↓
▼お申込みフォーム▼
授業開始2週間前までにこちらのフォームに必要事項を記入し、送信ください。