留学センターブログ

ブリティッシュヒルズ国内留学で雪まみれ!英語まみれ!

国内留学
皆さん、こんにちは!

ISI国際学院 留学センターでは、国内での英語研修プログラムを実施しており、昨年12月29日~31日に、福島県のブリティッシュヒルズで2泊3日の国内留学を開催しました。

今回は、国内留学 in ブリティッシュヒルズの2~3日目の様子をご紹介します!(1日目の様子はこちら

ブリティッシュヒルズ

【ブリティッシュヒルズとは?】
ブリティッシュヒルズとは、福島の羽鳥湖高原に位置し、日本にいながら英語学習はもちろん、中世イギリスの街並みや文化が体験できる英語学習施設です。
「パスポートのいらない英国留学」と言われるオールイングリッシュ環境での2泊3日の宿泊体験を通して、英国の文化、・マナーに触れながら活きた英語を学びます!



国内留学 in ブリティッシュヒルズ[2日目] 

1日目は、マナーハウスツアー、英語レッスン、本格英国パブ体験など、まるでイギリス留学のような体験がたくさんできました。

2日目は、さらに盛りだくさんの内容で、英語のシャワーを浴びていきます!

ブリティッシュヒルズ国内留学


7:15 朝食

朝起きると窓の外には粉雪が舞っていて、Refectoryへの移動もさすがに寒い!

でも誰一人寝坊することなく時間通り集合し、朝食をいただきました。

ブリティッシュヒルズ国内留学

昨日に引き続きビュッフェスタイルで、バターロール、クロワッサン、サラダ、スクランブルエッグ、ベーコン、ウィンナー、ハッシュドポテト、フルーツ、ヨーグルトと盛沢山でした。

ブリティッシュヒルズ国内留学



9:00~ Lesson2

2日目最初の授業はApothecaryでZain先生、MusicではLuke先生が担当。

ブリティッシュヒルズ国内留学

Zain先生は入ってくるなり、今日は雪遊びできそうだね!と楽しそうにクラスの皆さんに話しかけていて、少し緊張がほぐれたようでした。

授業はまずCan I ~?の意味が質問か要求か意味を考えるところから。

そして丁寧な表現を学び、チームに分かれて場面別にどんな表現が使えるかを考えていきました。

ブリティッシュヒルズ国内留学

その後、先生から与えられたいくつかの命令文を丁寧な表現に変える等、チームで競い合いながら楽しく勉強。

授業が終わるころにはMay I ~?Would you~?などの表現を使いこなし、会話を組み立てるところまでできました。

多くポイントを獲得したチームは先生からご褒美としてステッカーをもらい、嬉しそうな表情が見られました。

ブリティッシュヒルズ国内留学

次のレッスンは雪遊び。

先生からは「次のレッスンはペンも何もいらないから、雪用の防寒着をしっかり準備してまたここに集合するように」とアナウンスがありました。



11:00~ Lesson3 Fun in the snow

最も期待の声が多かったイベント、Fun in the snow。

雪は断続的に降り続いていて、先生に連れられて歩いて行った先には、足跡ひとつないきれいな雪原が広がっていました。

ブリティッシュヒルズ国内留学

積雪30~40センチぐらいでしょうか、中には雪に足をとられてブーツが脱げてしまう子も。

はじめは遠慮がちに始まった雪合戦。

ブリティッシュヒルズ国内留学

徐々に白熱していき、途中視界が悪くなるほどの降雪にもなりましたが、動き回っている生徒たちは暑く感じるほど夢中になっていたようです。

続いて雪像を作り始めるころにはきれいな青空に。

ブリティッシュヒルズ国内留学

雪だるまも作ってみると意外と難しいもので、皆さん苦戦していました。

身長と同じぐらい大きな雪だるまを作り上げて名前もつけていたグループ、白鳥を作ったグループなどなど、皆で一番よくできた雪像を選びましたが、それぞれの個性があって皆よかったです。

ブリティッシュヒルズ国内留学

ここから更に雪が深いところに移動すると、先生がカラフルなそりを出してくれました。

そこはスキー場のように広いわけでも、そり用の滑り台があるわけでもなく、山道の傾斜にそりを滑らせて自分たちでコースを作るというもの。

ブリティッシュヒルズ国内留学

木に気を付けながら皆で滑っては登り、滑っては登り、なだらかなコースが出来上がりました。

気づいたら隣にジャンプ台のようなコブつきコースまで…!

国内留学 in ブリティッシュヒルズ

晴天とはいえ、がんがん雪に突っ込んでいく皆さんはとてもいい笑顔でした。

雪が少なすぎても、悪天候でも、実施できない貴重なレッスン。

参加者の皆さんから、最高評価をいただきました!

ブリティッシュヒルズ



13:00~ Lunch

たくさん遊んだ後はpubでボリューム満点ランチ。





14:00~ Lesson4 Volunteer English

しっかり遊んで、いっぱい食べて、暖かい教室でじっと座っていると…お疲れの表情がチラホラ…。

しかしそこはMoja先生、Brett先生がパワフルな授業で盛り上げてくれました。

ブリティッシュヒルズで国内留学

東京オリンピック・パラリンピックでは多くの方がボランティアとして活躍されましたが、そんなガイドさんやインフォメーションで使われるおもてなし英語の良い表現、良くない表現を動画で比較しながら学びました。

ブリティッシュヒルズで国内留学

こちらも最後はロールプレイで会話練習まで行い、実践的な英語を身につけました。



16:00~ Lesson5 Cooking Scones

続いて、こちらも人気の高かったイングリッシュスコーン作り。

Jessica先生チームとEmma先生チームに分かれて行いました。

エプロンをつけて、手洗い・消毒して、ここでもまずは料理で使う英語の勉強から。

大さじ、小さじ、測る、混ぜる、英語でなんていうんだっけ?

ブリティッシュヒルズ

先生がお手本を見せながら工程ごとに英語で説明、それを受けて各自作業に移るので普段からお料理する人はもちろん、そうでない人もスムーズにできました。

小麦粉などの粉類をナイフで混ぜていたのは衝撃!

ブリティッシュヒルズ

ひとつのタネから5~6個のスコーンができ、自分の名前をつけてオーブンへ。

15分ほどの焼き時間中に、皆で分担して片付けを終わらせました。

フロア中に甘く香ばしい良い香りが広がり、キッチンに戻るときれいに焼きあがったスコーンがずらっと並んでいました。



外はカリッと、中はふんわり柔らかくほんのり甘いスコーン。

Emma先生のおすすめはジャムをつけてとのことでした。



18:00~ Table Manners in English

制服に着替え、18時半からのコースディナーに先立ってテーブルマナー講習を受けます。

担当のTiffani先生からテーブルセッティングを描いてみよう!という空欄だらけのプリントが配られ、クイズ形式でテーブルセッティングをマスター。

ブリティッシュヒルズ

スープスプーンそこ!?なんて、大人も楽しめました。

動画を見ながら正しい英国式マナー、日本のマナーとの違いを学び、いざコースディナーへ!



18:30~ コースディナー

席につくと、先ほど習った通りに食器類がセッティングされていて、今までのビュッフェスタイルとは明らかに違う雰囲気でした。

ブリティッシュヒルズで国内留学

メニューはサーモンとポテトのテリーヌ、ポテトのクリームスープ、ローストビーフ、チョコレートムースとレモンシャーベット。

ブリティッシュヒルズで国内留学

皆さん、ちょっと緊張気味に見えました~^^



本格的なコース料理がいただけて、非日常体験ができました。



20:00~ Freeアクティビティ/パブ

夕食後は自由時間。

パブに行くグループ、ラウンジでのんびり過ごすグループ、皆思い思いの過ごし方をしていました。

トランプを持ってきてくれた人がいたので大盛り上がりしていました。

ブリティッシュヒルズで国内留学

出会って2日目にして修学旅行のような雰囲気。

楽しんでくれてよかったです。



[3日目] 12/31(金)

大晦日の朝という感じは全くなく、気温マイナス3℃、雪が降る中の最終日。

今日で国内留学プログラムが終了です。




7:15~ 朝食

すっかりおなじみの朝食ビュッフェはバターロール、クロワッサン、サラダ、目玉焼き、ウィンナー、ハッシュドポテト、チリビーンズ、フルーツ、ヨーグルト。

ブリティッシュヒルズで国内留学

食べ終えたら各自チェックアウト、それから最後のレッスンに向かいます。



9:00~ Lesson6 Introducing Japan

最後はTom先生とCameron先生による「日本の紹介」というレッスンです。

まずは「外国人から見た日本」ということで、様々な日本文化を外国人の何パーセントが知っているかを当てるゲーム。

ブリティッシュヒルズで国内留学

意外だったのが「歌舞伎」はあまり知られていないということ。

言葉としては聞いたことがあっても、実際何なのかは知らないんだそうです。

そして動画を見ながら「挨拶」「食事」「温泉」と場面別に文化・慣習の違いを考えます。

たとえば日本人がおじぎをする、食事の前には『いただきます』と言う、温泉に入る前に体を洗う…などなど。



日本人にとっては当たり前でも外国人にとってはそうでないことはたくさんあります。

改めて意識しないと思いつかないものだなと感じました。

「食事」「神社」「電車」それぞれの場面別に『日本では~します』と外国人に紹介するというグループワークを行って、すべてのレッスン終了!



11:00~ 修了式

Tom先生から一人ひとり修了証書授与。

総評として、皆さんとても英語が上手で、たくさん話しかけてくれましたとお褒めの言葉をいただきました。

ブリティッシュヒルズで国内留学

そしてこれからも英語の勉強を続けて是非また来てくださいとおっしゃっていました。



帰路へ

バスが出発するまでの間にAscot tea roomでティータイムを過ごしたり、お土産を買ったり、最後までしっかりブリティッシュヒルズを堪能することができました。



大晦日のこの日はカウントダウンパーティーがあるらしく、館内はとても賑やかで名残惜しかったです。

帰りのバスに乗り込むと、雪が降る中ブリティッシュヒルズの先生方がずっと手を振って見送ってくださって、生徒さんたちからはまた来たい!という声が聞こえました。

ブリティッシュヒルズの温かい心のこもったおもてなしに感動しました。



バスで、新白河駅に到着し、やまびこ214号に乗車して帰路に。お疲れさまでした!



次回の国内留学、2022年4月に開催決定!

大好評につき、次回は東京・お台場のTOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)の国内留学プログラムの実施・催行が決まりました!

【小中高生向け】国内留学 in TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)

オールイングリッシュの環境で、まるで留学に行ったかのような体験が得られます。
■日程:4月16日(土)午後13:35~17:00
■対象:小学4~6年生、中学1~3年生、高校1~3年生
詳細はこちら

ぜひ、ご興味を持たれた方はお早めにお申込みくださいね!



まとめ

今回は、ブリティッシュヒルズでの2泊3日の国内留学プログラム、2~3日目の様子についてご紹介しました。

2泊3日の国内留学プログラム、参加させて良かったと保護者様からご感想をいただきました!

―――お陰様で、お友達もできとても楽しい経験が出来たようです。Fun in the snowの時間が楽しかったのはもちろんのことですが、2日目テーブルマナーの講座時は英語がとてもよく理解でき、それまでの2日間の成果で耳が慣れたことに自分で気づくことができてとても嬉しかったと話していました。英語で会話する楽しさも経験し、帰宅後は海外でホームステイをしてみたいとも話していました。(東京都・中学生の保護者様)



―――ブリティッシュヒルズでお世話になりました。息子も楽しかった!と言って帰宅しました。コロナ禍で留学がしづらい時世の中、国内ではありますがとても良い経験になりました。(埼玉県・中学生の保護者様)



―――最初は、親子でドキドキしていましたが、娘が楽しく帰ってきてくれたこと、充実した授業に新しいお友達との出会いもあり、充実した国内留学に参加できたことを本当に感謝しております。娘はますます、英語が好きになったようです。(東京都・中学生の保護者様)



またこのような経験を多くの方にしていただけるよう、ISI国際学院では、国内留学プログラムを企画していきます!



あわせて読みたい

11月TOKYO GLOBAL GATEWAY国内留学開催レポート!

東京都英語村って?!TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)に潜入してきました!



海外の最新情報をお届け!留学お役立ちメール配信サービスの登録はこちら
留学お役立ちメール配信サービス


無料でプレゼント!国別留学ガイドブックダウンロードはこちら
留学ガイドブックプレゼント


【ジュニアから社会人まで】ご自宅で世界中の仲間と!オンライン留学はこちら
ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学


留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら