留学センターブログ

日本帰国時の流れってどんな感じ?体験談と10月以降の水際対策措置について

海外文化・留学Tips
こんにちは、ISI国際学院 留学センターです。

ワクチン接種が進み、各国の入国制限などが緩和される中で、日本の水際対策も少し緩和されました!

この記事では、留学をご検討する上で重要な海外から日本へ帰国した時の流れと、10月以降の緩和内容についてご紹介します。

日本の水際対策



日本へ帰国した時の流れってどんな感じ?

海外渡航を考える際に、現地での対応は情報が結構ありますが、日本帰国時については分からないことって多いですよね?

ISI国際学院では、実際に海外渡航経験者の方に帰国時の流れについて体験談をお聞きしました!

※この体験談は、9月に羽田空港に帰国した方のものです。時期や空港によって違う可能性がありますので、ご注意ください。


飛行機が羽田空港に到着すると、入国前に検疫があり、必要書類の確認および新型コロナウイルスの抗原検査が行われます。

表記された道順に従い空港内を進んでいくと検査場へ着きます。

日本の水際対策

検査場では、「出国前検査証明の確認」「記入済み誓約書の回収」「質問票で回答した後に出るスマホQRコードの確認」があり、入国者を判別するため腕に印を付けます。

そして唾液による抗原検査を行い、結果が出るまでターミナル内の指定された制限エリアにて待機します。

日本の水際対策

降機後は143ゲートまで延々と歩き、142→141で書類チェック、唾液採取、アプリ設定をさせられます。

ここまでで約30分です。(かなりスムーズだと思います!)

唾液採取の場では、唾液がでやすいように、レモンと梅干の写真が壁に貼ってありました!(笑)

日本の水際対策

これからスマホ設定を有人で再チェックしてもらうのに2~3分待ちぐらい。

たくさんのスタッフがいて、大変スムーズ!

出発階の148/149に降り、検査結果待ち。

入室してすぐ番号が呼ばれて、陰性でした。(ここまで着陸後50分。)

日本の水際対策

「陰性」の結果報告を受けて、やっと……入国審査に進むことができます。

その後、預け荷物の受け取りはなんと1~2分で完了しました。

というのも、荷物はターンテーブルから取るのではなく、きれいに整頓されたスーツケースの中から自分のものをピックアップします。

日本の水際対策

オフシーズンだったからかもしれませんが、羽田空港に到着して、1時間ちょっとで、出迎えロビーに出てくることができました!

公共交通機関は使用できないため、空港から自宅まではハイヤーで帰りました。



入国後の自宅待機はどんな感じ?

入国日の翌日から隔離1日目が始まります。

自宅待機期間は14日間で、その間は外出できません。

インストールしたアプリ(MYSOS)にプッシュ通知が来て、健康状態を回答します。

日本の水際対策

ビデオコールが毎日1回(30秒録画されます)、居場所報告が毎日2回(午前1回、午後1回)の義務があります。

ビデオコールはいつ連絡が来るか分からず、下記のように通話が入る1分前にプッシュ通知がきます!

日本の水際対策

居場所報告はこのような感じでアプリにメッセージが入ってきます。

日本の水際対策

健康報告アンケートは、毎日14時までに報告が必要です。

日本の水際対策

日本の水際対策について、緩いと言われていましたが、実際体験したところ、かなり厳しく取り締まっていると感じました。

PCR検査も出国前、入国前と2回も行い、ワクチン接種完了者においても、14日間の自主隔離と、かなり徹底していました。



10月1日以降、日本帰国時の水際対策が緩和

厚生労働省は、10月以降に、ワクチン接種証明者は、自宅待機期間を10日目以降に自主的に受けた検査の陰性結果を厚生労働省に届け出ることで、残りの期間の自宅等での待機を求めないという緩和を発表しました。

※水際対策に係る新たな措置については、厚生労働省WEBサイトにて確認ください。

要するに、自宅待機期間を14日から10日に短縮できるというものです。

ただし、海外から日本への入国に際し有効と認めるワクチン接種証明書が必要です。(ワクチン接種証明書について詳しくはこちら

さらに、自主的に受ける検査は、PCR検査又は抗原定量検査に限られ、検査実施機関も指定が。

検査実施機関は、厚生労働省WEBサイト内リストに掲載されている施設のうち、PCR検査又は抗原定量検査に対応した医療機関または衛生検査所に限られます。

そして、検査の費用は自己負担です。

日本の水際対策

自主的に受けた検査の陰性証明を厚生労働省へ届け出る方法は、入国時までにインストールしたアプリ(MySOS)で行うことになります。

※詳細は、厚生労働省WEBサイトをご確認ください。

緩和とは言っても、4日間短縮のために自費で検査を受けなければいけないので、まだまだ厳しいですね。



海外最新情報をメールで!

各国の最新状況を知りたいけれど、日々バラバラに更新される情報を追いかけるのは大変ですよね。

そんな時は、留学お役立ちメール配信サービスの登録がおすすめです!

メール登録

ISI国際学院では、外務省・文部科学省、各国の大使館・領事館、WHOなどの関係機関の発信情報を常に収集。

現地受入教育機関と密接な連携を取りながら、現地情報を日々更新しています。

皆さんに分かりやすい形で情報をまとめて発信しますので、ぜひご利用ください。


海外の最新情報をお届け!留学お役立ちメール配信サービスの登録はこちら
留学お役立ちメール配信サービス



まとめ

今回は、海外から日本へ帰国した際の水際対策体験談と、10月以降の緩和内容についてご紹介しました。

ワクチン接種率が上がるにつれて、入国制限や水際対策もさらに緩和が進んでいくと思います。

他国のように、ワクチン接種完了者は待機期間7日間など、もう少し緩和されると良いですね。

海外渡航できる日も、近そうです!



まだ海外渡航は様子見という方は、国内留学やオンライン留学がおすすめです。

10/31(日)申込締切!国内留学 in TOKYO GLOBAL GATEWAYはこちら
国内留学 in TOKYO GLOBAL GATEWAY


英語漬け2泊3日!冬休みブリティッシュヒルズ国内留学ページはこちら
ブリティッシュヒルズで国内留学


ジュニアから社会人まで!ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学ページはちら
ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学



留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら



PCやスマホでお好きな時間に!オンライン個別留学相談はこちら



無料で国別留学ガイドブックをプレゼント!ダウンロードはこちら
留学ガイドブックプレゼント