留学センターブログ

高校留学中のホームステイでトラブル続出?!ありがち5大トラブルとその解決法

高校留学
こんにちは、ISI国際学院 高校留学カウンセラーです。

高校留学をご検討中の生徒さん、保護者の方からよくいただく質問について詳しく答えていきます!

高校留学をするほとんどの方がホームステイ滞在をしますが、違う文化や価値観で育った他人の家に暮らすのですから、当然、文化の違いや勘違いなどからトラブルも発生します。

事前にどんなことがトラブルになりやすいか、また回避・解決方法を知っていれば、留学する際大いに助けになるでしょう!

高校留学ホームステイ

この記事では、「高校留学中のホームステイで、ありがち5大トラブルとその解決法」をご紹介します。



トラブル対応大原則 その場で解決!

まず、どんなトラブルでも、留学中のトラブル対応の大原則があります。

それは、後回しにせず、その場で解決すること!

ホームステイ

困ったこと、わからないことがあれば、その場で解決するように努めましょう!

後から掘り返すようなことは、海外では理解されないのでより大きなトラブルにつながってしまいがちです。

大人の方に相談が必要であれば、現地サポーター、ホストファミリー、先生、学校のスタッフなど、近くにいて必要があれば駆けつけてもらうことができる人に相談するようにしましょう。

留学

高校留学でよくあるパターンとしては、その場では何も言わず、後から日本のご家族に相談してしまうこと。

日本のご家族は相談されても、担当カウンセラーへ連絡することしかできずカウンセラーも、現地サポート、学校担当者、ホームステイファミリーに連絡するので、伝言ゲームになり時間もかかるし情報も誤って伝わりがちです。

電話

また日本のご家族に相談したものの、その後の報告はせずそのままにして、日本のご家族が大変ご心配なさるケースもあります。

日本のご家族に相談をされた際は報告までするようにしてくださいね!



【ありがちトラブル1】ホームステイの環境が合わない!

お部屋が暗い、寒い、シャワーの時間が短い、洗濯の頻度が少ない、インターネット(WIFI)が使いたい放題ではない、などなど。

このパターンが一番よくご相談いただく内容ですね。

このようなホストファミリーとの生活で困ったこと、わからないことがあれば、直接ファミリーに聞いてみるのが一番早い解決方法です。

残念ながら理由も確認せずに、つらく当たられている!いじめられている!と感じてしまう方もいますが、ほとんどが「誤解」です。

誤解

例えば、明かり。

日本人と、海外の方は目の色素の感度に違いがあり、日本の白熱灯のような明かりは眩しすぎると感じてしまうそうです。

なので、日本と比べると電球が暗かったり少なかったりすることも多くあります。

このような時は、デスクライトが欲しいなどとファミリーに相談してみてください。

依頼

外国の方は、体温が高い方も多いです。

寒い時は素直に毛布をもらいましょう!

また、シャワーや洗濯については、外国では日本ほど水が潤沢ではないこともあり、水道代も高いのでシャワーは1人10分や、洗濯物は週1回、などと決めていることがあります。

また、熱湯も貯水タンクに水をためてお湯にし、そのお湯を使って生活をしていることも多くあります。

この場合、その都度タンクへは新しい水が入りますが、一度にたくさんお湯を使うとお湯が出なくなり、冷たい水に変わってしまうので、1人がシャワーで使える時間を決めている、というわけです。

シャワー

そしてインターネット(WIFI)も海外のご家庭では1か月に○○GBまで、と決まっているご家庭もまだ多くあります。

そのため使用できる時間を区切ったり、ルールを設けていることがあります。

こうして理由が分かれば、気持ちも落ち着きますし、納得してご家庭ごとのルールを守ることができますね。

ホームステイ

滞在が始まってすぐ、ハウスルールと呼ばれる家の中での決まり事を必ず確認する時間が必ずあります。

大事なのは、その時よく分からないままに、YesやOKと言ってしまわないようにすること!

「なんていったのかよく分からないけど、なんて質問していいかわからないからまあいいや……」

これが一番やってはいけないパターンです!!

NO!

その時確認しなかったことが、後になって大きな不満になっていってしまいます。

なので、ハウスルールの確認は理解できるまでしつこく確認しましょう!

それから分からないこと、困ったことはその場でファミリーに相談しましょう!

ホームステイ



【ありがちトラブル2】ホームステイの食事が合わない!

食事については、口に合う、合わない、量が多い、少ない、苦手な食材があるなどなど……

いろんなパターンがありますが、環境と同じく最初が肝心。

ホストファミリーも皆さんがどんな食事が好きで、どれだけ食べるのか分からないまま用意してくれているので、逆に食べられないものや食べたい量を教えてほしいと思っています。

ぜひ最初の食事の機会にファミリーに希望をしっかり伝えるようにしてください。

ホームステイ

以前、初日に張り切っていっぱい食べたら、毎日同じ量を用意してくれるけど、実は多すぎて困っている……というご相談がありました。

また、食事の際に「大丈夫?食べられる?」と聞かれて、苦手な味だけど気を使って「おいしいよ、大丈夫!」と伝えてしまったら、それから頻繁に出てきて困っているという場合も。

嬉しくって仲良くなりたくて頑張ってしまう気持ちもよく分かります。

でも無理はしなくて大丈夫です。

後になって、やっぱり多すぎるとかこれは嫌いなんだ、と伝えると、なんで最初に言ってくれなかったの?とファミリーも困ってしまいます。

食事の問題はストレスがたまりやすく辛いのは皆さんなので、早めに気になることや希望は伝えるようにしましょう!

ホームステイ

個人的にお勧めなのが、ホストファミリーと一緒に食材を買いに行くこと!

私はホームステイしていた時、よくスーパーマーケットへの買い出しについて行っていました。

海外のスーパーマーケットで売っているものが知れたり、ホストマザーに英語で何と言うのか教えてもらったりと、楽しい時間でした。

さらに自分の好きな食べものを、さりげなくホストマザーに伝えることもできました!

例えば、もっと野菜がほしいと思っていたら、サラダになりそうな食材を指さして、「これ英語で何て言うの?」「日本でよく食べてた」「買ってもいい?」など。

一緒に出かけることでたくさん会話もできますし、荷物を持ったりしてお手伝いもできますし、おススメです~

ホームステイ



【ありがちトラブル3】自分の部屋でお菓子を食べていたら怒られた!

このケースは、学校帰りに自分で買ったお菓子や日本から持ってきたお菓子を、自分のお部屋で食べていたところ、ホストファミリーに見つかり怒られてしまった、というもの。

海外のお家では、食べ物をベッドルームで食べたり保管していると、虫がわいたり、ネズミなどが来ることがあるので、衛生上の理由でベッドルームに食べ物の持ち込みを禁止していることが良くあります。

日本から持ってきた食べ物や自分で買った食べ物を保管したい場合は、まずホストファミリーに確認をしましょう。

ホームステイ

どのご家庭でも、冷蔵庫やパントリーを使わせてくださいます。

自分の常識がファミリーの常識でないことも多いので、些細なことでもファミリーに聞いてみるようにしましょう。

私も日本から持ってきた蕎麦をパントリーに保管させてもらったら、7歳のホストブラザーが興味を持って、一緒に食べるようになりました!

そば

自然なコミュニケーションをとるいい機会にもなりますね!



【ありがちトラブル4】家事のお手伝い、めんどくさい!

まず第一に皆さんはお客さんではありません。

ホストファミリーと生活を共にする家族の一員としてお互いに協力することは非常に重要です。

ホームステイ

海外のご家庭では、家族のメンバー全員で家事を役割分担していることが多く、ホストファザーが朝食を作ったり、子どもたちもそれぞれ家事を担当していたりします。

留学生であっても家族の一員として、自分から積極的にお手伝いができるといいですね。

「食器を洗う」「掃除機をかける」などは、比較的やり方が分かりやすくて、おすすめです。

留学前に、自分の家でもお手伝いの予行練習をしておきましょう!

ホームステイ

また忙しくてどうしても時間が取れそうにない場合は、これも素直にファミリーに相談してみましょう。

理由をきちんと説明すれば大きな問題にはなりません。



【ありがちトラブル5】ホストファミリーと話すのが億劫……自分の部屋にいたい!

自分の語学力の無さを目の当たりにするので、ホストファミリーとの会話が面倒に思ってしまう…

留学当時の初心を忘れてしまい、つい嫌なことから逃げてしまう…

そうして、せっかくのホームステイにもかかわらず、部屋に閉じこもってしまう学生もいます。

ホームステイ

ホストファミリーは、何か嫌なことがあったのかと不安になったり、何を考えているか分からない…と気まずくなったりしてしまいます。

もしあなたの家に外国人の留学生がホームステイしていて、突然部屋から出てこなくなったら、心配または不気味ですよね?

安くない費用をかけて、語学習得や異文化理解のために留学したのに……、本当にもったいないですよね。

でも、リビングルームにいても手持無沙汰で、どうしていいか分からない、居心地が悪いという方も多く、気合だけじゃどうにもならないことも。

そんな人におすすめなのが、ホストファミリーとテレビを見たり、一緒にゲームをしたりすることです!

ホームステイ

何もすることがない状態で、リビングルームでおしゃべりを楽しむ余裕や気力が無くても、テレビやゲームを通してホストファミリーと一緒に時間を過ごすことはできる場合が多いです。

私が留学していた時は夕方にドラマやホームコメディ(Sitcom)を放送していて、ホストファミリーと夢中になっていました。

だいたい日本の昼ドラのように展開が早かったり、驚きのストーリーだったりするので、「次どうなると思う?」「この中で誰が好き?」「私、この人が推し」などすごく盛り上がりました!

ホームステイ

今は映画もわざわざレンタルしなくても見られるご家庭も多いので、日本のおすすめアニメを一緒に見たり、低年齢のホストブラザーがいれば、一緒にビデオゲームをしたりして、楽しみましょう。

わざわざ英語を練習しなきゃと気合を入れすぎず、ホストファミリーを第2の家族、ホームステイ先は第2の家と思って、日本で過ごしていたみたいにリラックスして過ごせるといいですね。

あまり神経質にならず、環境や成り行きに身を任せてみる…というのも、留学を成功させる一つの要因ですよ!



まとめ

今回は、高校留学中のホームステイで起こりがちなトラブルを5つと、その解決策をご紹介しました。

こんなことがトラブルになるの?ということもいくつかあったのではないでしょうか?

しかし!まだまだ予想外のトラブル事例はたくさんあります……笑

他の記事でも、留学中のトラブル解決やヒントについて、ご紹介しています!

ぜひご覧ください。



あわせて読みたい!人気高校留学ブログ

高校留学の満足度はホームステイ次第?ホームステイを攻略せよ!

【5分でわかる!高校留学】高校生の間に留学した方がいい理由

高校生活の一大行事!プロム事情



国別高校留学ガイドブックの無料ダウンロードはこちら



留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら



海外の最新情報をお届け!留学お役立ちメール配信サービスの登録はこちら
留学お役立ちメール配信サービス