留学センターブログ

基本の基本の英会話【日本文化を英語で!七夕の日編】

基本の英会話


日本文化を英語で!七夕の日編


7月7日は、七夕!

欧米圏には七夕はありませんので、どういう行事なのか、どんなことをするのか英語で上手に説明したいですね。

七夕の日

今回は、日本文化を英語で紹介するという「日本文化を英語で!」シリーズの「七夕の日編」です。



そもそも「七夕」とは?

「七夕の日」は、「たなばた」または「しちせき」とも読まれ、古くから行われている日本のお祭り行事の一つです。

七夕というと笹の枝に、願い事を書いた短冊を結び付けて願うと、その願いが叶うと言われていますよね。

そもそも「七夕」とは?

七夕の起源は諸説ありますが、一般的には、日本と中国の風習がミックスしたもののようです。

日本には、もともと神事であった「棚機(たなばた)」という儀式がありました。

お盆を迎える準備として7月7日の夜に、少女が神さまのために着物を織り、秋の豊作や厄除けを祈るというものでした。



一方、中国では、7月7日頃に、こと座のベガと、わし座のアルタイルが天の川をはさみ、最も光り輝くように見えていました。

そして中国では、ベガを「織女」、アルタイルを「牽牛」と呼んでいたので、7月7日を一年に一度の逢瀬の日と考えたそうです。



これが、七夕の原型ストーリーとなって生まれたようです。

日本の七夕で見られる七夕飾りや、短冊に願い事を書くというのも、もともと中国の「乞巧奠(きこうでん)」と言われる行事が由来。

7月7日にベガ=織女星にあやかって、はた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれたそうです。



七夕に関する単語の英語表現

まずは、七夕に関する単語を英語で覚えましょう!


七夕:Tanabata, The Star Festival



伝説/神話:Legend/Myth



機織り:Weaver



牛飼い:Cattle herder



天の川:The Milky Way



短冊:Strips of paper



笹(笹竹):Bamboo sticks





七夕の日を英語で説明!

では、覚えた英単語を使って七夕について英語で説明してみましょう!


Tanabata is a Japanese Festival celebrated on July 7th, also known as the Star Festival in English.
たなばたは、7月7日に祝う日本のお祭りであり、英語ではthe Star Festivalとも言われます。



The Tanabata originated from the Chinese Myth story that is about a beautiful weaver princess named Orihime and a young cattle herder named Hikoboshi.
七夕はもともと、美しい機織りの娘、織姫と牛飼いの彦星との神話が起源と言われています。

Orihime represents Vegar, Hikoboshi represents Altair in the summer night sky.
夏の夜空では、織姫はベガ星を表し、彦星はアルタイル星で表します。



Orihime was a daughter of God (Tentei) and was a hard-working princess who excelled in weaving.
織姫は美しく機織りも上手な王女でした。



One day, God decided to match Hikoboshi, a cattle herder, with his daughter, because he was also diligent and a hard-working young man.
ある日、父である神は牛飼い彦星を娘と合わせることにしました。なぜなら、彼はとても勤勉でよく働く牛飼いだったからです。



They fell in love the moment they met each other and were totally lovesick.
彼らは互いに会った瞬間に恋に落ち、夢中になりました。



And then, they gradually forgot all about their duties and didn’t work at all.
そして次第に彼らは自分たちの役目を忘れ、まったく働かなくなってしまいました。

God watching them got angry and separated forever Orihime and Hikoboshi onto the different sides of the Milk Way (called Ama-no-gawa in Japanese).
彼らの様子を見ていた神は、二人を天の川の両岸に引き離してしまいました。



This punishment was painful for them.
これは彼らにとって、とてもつらい罰でした。

Orihime passed every day in tears.
織姫は毎日泣き暮らしました。

God felt sorry for them and finally changed his mind.
神は彼らを哀れみ、ついに考えを変えたのです。



God allowed them to cross the Ama-no-gawa to meet each other once a year on July 7th.
神は年に一度の7月7日に天の川を渡りお互いが会うことを許しました。

On July 7th, many people in Japan wish and pray for good weather on this day.
7月7日になると、多くの人がこの日が晴れるように望み、願います。



If it rains, Orihime and Hikoboshi will not be able to meet up due to the rising water levels of the Milk Way. 
雨が降ると天の川の水かさが増し、2人が会うことができなくなってしまうのです。

If they met successfully, then everyone who made a wish on that day would have their wishes come true.
もし彼らが無事に会えたら、私たちの願いも叶うと言われています。





七夕の日に行うことを英語で説明!

実際、七夕の日に何をするのか、海外の人は興味津々です!

英語で細かく説明してあげましょう。


We set bamboo decorations to celebrate the reunion of Orihime and Hikoboshi on this day.
この日、織姫と彦星の再会をお祝いするために、笹飾りを飾ります。



People write their wishes on colored strips of paper called Tanzaku. 
人々は短冊と言われる細長い色紙に願い事を書きます。



It is believed that your wish will come true if you write it on the Tanzaku and hang it on the bamboo sticks. 
短冊に願いごとを書いて笹に吊るすと、その願いが叶うと言われています。



We can see many Tanabata festivals and events all over Japan in the month of Tanabata. 
七夕の月には日本全国でたくさんのお祭りやイベントが行われます。

It is not too much to say that Tanabata displays are a Japanese summer tradition.
七夕は日本の夏の風物詩といっても過言ではありません。





まとめ

今回は「七夕の日」についての英語表現をご紹介しました。

海外の人からすれば、七夕の風習はとても興味深く映ることでしょう。

「七夕って何?」と聞かれた時、しっかり英語で説明しましょう。

そして今年の七夕の日には、短冊にぜひ、英語で願い事を書いて、笹竹につるしてみてはいかがでしょうか?




海外の最新情報をお届け!留学お役立ちメール配信サービスの登録はこちら
留学お役立ちメール配信サービス


「基本の基本の英会話」をもっと読む!バックナンバーはこちら



無料でダウンロードできる留学ガイドブックはこちら



ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学はこちら



留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら



PCやスマホでお好きな時間に!オンライン個別留学相談はこちら