留学センターブログ

空港の新型コロナウイルス対策

海外文化・留学Tips
こんにちは、ISI国際学院 留学センターです。

留学や海外渡航をしたいけど、空港や飛行機利用時に新型コロナウイルスの感染が心配という方もいらっしゃると思います。

前回は、飛行機内のコロナ対策についてご紹介しました。(前回のブログはこちら

今回は、空港の新型コロナウイルス感染症対策についてお伝えします!





空港は大丈夫?

空港は機内のように閉ざされた空間ではありませんが、荷物を預けたり、チェックカウンターで手続きをしたりと、人や物に接触する機会は少なくありません。

空港では消毒に加え、検温や距離の確保などさまざまな対策を講じています。





接触感染を防ぐ取り組み

各空港では、消毒・清掃・換気による衛生的な環境づくりに力を入れています。

不特定多数が触れる「タッチポイント」の消毒を強化するほか、利用者がこまめに手の消毒ができるよう、主要動線上には「消毒液」を設置しています。



チェックイン時はカウンター前が混雑しがちですが「自動チェックイン機」を活用すると人との無駄な接触が回避できるでしょう。

ANAでは、チェックインを省略できる「スキップサービス(ANA)」を導入しています。

Web上で予約から座席指定までをすべて済ませておく必要がありますが、当日はIC機能付きカードやスマホのバーコードを機械にタッチするだけでスイスイと先に進めます。



人との接触機会を減らすため、今後はセルフサービス型の搭乗手続きが拡充される見込みです。



出発前には検温を実施

国内線の出発エリア(保安検査場入り口付近)においては、すべての搭乗客に対しての「検温」を実施しています。

検温に使用するのは、非接触で瞬時に体の温度分布が測定できる「赤外線サーモグラフィー」で、発熱がある人や感染が疑われる人は航空会社に搭乗を拒否されるケースもあります。



体調が優れないときは自宅で体温チェックを行ってから出発しましょう。

検温は主に「羽田空港」「成田空港」「伊丹空港」「関西空港」「中部空港」「福岡空港」などで実施しています。



乗客一人ひとりの協力

空港や各航空会社ではポスターの掲示や公式SNSで、利用者にマスクの着用や咳エチケットを呼びかけています。

乗客一人ひとりが応え、自分でできる感染症対策を行うことが大切です。



空港内では混雑と接触を避けるため、できるだけセルフチェックイン機を利用するのが好ましいでしょう。

感染リスクが比較的高いと考えられる空港のトイレや機内のラバトリーでは、使用後に便器の蓋を閉めて汚物を流す配慮が必要です。

空港では検温による乗客の健康チェックを行っていますが、体調がすぐれないときは外出を控えるのが賢明です。





到着時に接触しないように

感染リスクが比較的高いといわれているのが「到着時」です。

前の席の人から立ち上がって順番に降機するのが理想ですが、飛行機が到着した途端、人々が入口に殺到し機内は三密に近い状態になります。

到着後はすぐに立ち上がらず、人が少なくなったタイミングを見計らって準備をするのがよいでしょう。



手荷物棚の取っ手に触れる機会をなくし、到着時の移動をスムーズにするためにも、手荷物は機内に持ち込まないか、足元に置いておくのがベターです。



まとめ

今回は、空港の新型コロナウイルス感染症対策についてお伝えしました!

空港では、コロナ感染防止に向けたさまざまな取り組みを行っています。


航空会社の取り組み
航空会社と空港ビル会社からお客様へのお願い



ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学はこちら



マルタの語学留学の詳細はこちら



留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら



PCやスマホでお好きな時間に!オンライン個別留学相談はこちら