留学センターブログ

日本のパスポートは「世界最強」?!パスポートグローバルランキング1位なんです!

海外文化・留学Tips
皆さん、こんにちは。

旅行好きな留学カウンセラーです。

今回は、皆さんが持っている日本のパスポートは、「世界最強」ということをお伝えします!



パスポートグローバルランキング

イギリスのコンサルティング会社:Henley&Partners(ヘンリー・アンド・パートナーズ)が提供するヘンリー・パスポート・インデックスは、「パスポートグローバルランキング」を発表しています。

同ランキングは、ビザ取得の必要がなく入国できる国数、入国時にビザを取得できる国数をもとに各国のパスポートをスコアリングしており、いわばパスポートのアクセスのしやすさを指標化しているのです。



パスポートは世界に通用する身分証明書なので、パスポートの強さはそのまま国民に対する海外からの信頼性と捉えることもできるでしょう。



世界で最も信頼度が高いと評価された日本のパスポート

2021年1月に公表された調査結果によると、ビザなしで最も多くの国へ渡航できる国は日本であり、「日本のパスポートは世界最強」であると発表されました。



日本国民がビザなしで渡航可能な国は現在191か国にもおよびます。

2018年7月時点では189か国への渡航がビザなしで認められていましたが、2019年にミャンマーが追加され190か国となり、2020年にはブラジルが加わり191の国への渡航が可能となりました。



昨年に引き続き日本のパスポートは単独で1位となっており、最も評価の高いパスポートとして世界中から認められています。



【最新版】世界のパスポートランキング

調査の対象となったのは199の国と地域です。

IATA(国際航空運送協会)のデータベースを基に、ヘンリー&パートナーズ社が世界各国のパスポートと渡航事情について調査を行いました。

最新の結果は2位がシンガポール(190か国)、3位がドイツ・韓国(189か国)、4位がイタリア・フィンランド・スペイン・ルクセンブルク(188か国)と主に欧州の国々が名を連ねています。

5位はデンマーク・オーストリア(187か国)。



アジア圏では香港が19位(170か国)、台湾が32位(145か国)、中国は70位(75か国) →台湾が32位(145か国)、中国は70位(75か国)、北朝鮮は103位(39か国)となっています。



世界パスポートランキング一覧

順位・国名(ビザなしで渡航が可能な国数)

2020年度の「ベストパスポートランキング」上位10か国は以下の通りです。

※()内の数はビザを取得せずパスポートのみで渡航可能な国数

 1位:日本(191)
 2位:シンガポール(190)
 3位:韓国、ドイツ(189)
 4位:イタリア、フィンランド(188)
 5位:スペイン、ルクセンブルク、デンマーク(187)
 6位:スウェーデン、フランス(186)
 7位:スイス、ポルトガル、オランダ、アイルランド、オーストリア(185)
 8位:米国、イギリス、ノルウェー、ギリシャ、ベルギー(184)
 9位:ニュージーランド、マルタ、チェコ共和国、カナダ、オーストラリア(183)
10位:ハンガリー、リトアニア、スロバキア(181)

パスポートランキングの調査を行ったヘンリー&パートナーズ社のクリスチャン・カリン代表は「ランキングは単にビザなしで渡航可能な国数の調査ではなく、各国の外交事情や相互的な位置関係を表しています。

上位の国であるほど、協調的かつ友好的な外交を築こうとしているのではないか」とコメントしました。

なお、2021年1月時点で日本への入国の際にビザが免除となるのは68の国や地域となっています。



日本は他国と比べて不法滞在者が少なく、海外渡航の際でも優れたマナーの国民と評価されている点も単独で1位になった要因として挙げられます。

ですから、外国に渡航したときは特にパスポートの取扱いに注意してください。

パスポートは、言葉も異なる国外で身元を証明できる唯一の文書です。



外国にいるときは、命の次に大切と言っても良いでしょう。

例えば、パスポートは、毎日使うバッグの中に持ち歩くのではなく、滞在先では、スーツケースを金庫代わりに使っていただき、そこでカギをかけてしっかり管理してください、と弊社ではアドバイスしています。

街歩きのとき、パスポートのコピーを携帯すればよいとされている国や地域では、コピーのみを携帯することをお勧めします。



日本のパスポートの新デザイン!

日本のパスポートのデザインは2020年の3月以降、新しくなりました!

査証欄に葛飾北斎の浮世絵『富嶽三十六景』の作品が印刷されているとのこと!(査証欄など48ページの見開きに浮世絵24作品を使用)。



ページをめくるたびに違う浮世絵を見ることができるなんて、今から新デザインを見るのが楽しみですね。

なぜこのデザインに決まったかというと、「冨嶽三十六景」は世界的にも広く知られ、世界遺産でもある富士山をメインモチーフとし、まさに日本を代表する浮世絵のひとつであることから採用しました。(外務省HPより引用)とのこと。

より日本らしさを感じるパスポートデザインですね!





まとめ

今回は、世界のパスポートランキングについてご紹介しました。

日本のパスポートが「世界最強」というのは、日本人にとって誇りですよね。

また世界中へ渡航できる日を夢見て!




ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学はこちら



【今すぐ行ける留学】マルタの語学留学の詳細はこちら



【今すぐ行ける留学】ハワイ教師宅ホームステイの詳細はこちら



留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら



PCやスマホでお好きな時間に!オンライン個別留学相談はこちら