留学センターブログ

大掃除とともに始める!洋画で英語学習シリーズ 第3弾

海外文化・留学Tips
いよいよ今年もあと4日で終わりますね。

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、いつもとは全く違う1年となりましたね。

来年も続くニューノーマルの時代に立ち向かっていくため、英語学習はぜひ続けていきましょう。



そこで、年末は映画の名作を観ながら、英語学習をする3日間をご提案いたします!

筆者の独断と偏見で選んだ、「今年も良い年越しだったなあ」と思える、あなたのために選んだ洋画3本をご紹介します。

今回は、「大掃除とともに始める洋画で英語学習シリーズ」の第3弾をご紹介したいと思います。(第1弾はこちら





12月31日:床磨きを終えたら見る

「Forrest Gump(フォレスト・ガンプ/一期一会)」

いよいよ大晦日。

こびりついた床の汚れをゴシゴシとこそぎ取りましょう。



そしてその後は、チョコレートとコーヒー片手に「Forrest Gump」を再生。




この映画は比較的簡単な英語が使われているので、最初から「英語字幕+英語音声」で挑戦!



意味が掴みにくかった場合は、もう一度「日本語字幕+英語音声」で見てもいいですし、十分楽しんだと思ったら年末はゆっくりコタツで紅白歌合戦を見てください。

ストイックにしなくてもいいんです。


▼この映画のみどころ
「Life is like a box of chocolates.
(人生はチョコレートの箱。)

You never know what you’re gonna get.」

(開けてみるまで分からない。)

映画の最初の方でトム・ハンクス扮するフォレスト・ガンプが放つ名セリフ。

このセリフを皮切りに、ガンプが面白くも数奇なその人生を語り始めます。

ベトナム戦争や反戦運動などの時代を生き抜きながら、幼馴染のジェニーへの変わらぬ恋心を持ち続けるガンプの、甘酸っぱくも温かい人生映画。

年越しにふさわしい1作です。



まとめ

毎年年始になると、新年の抱負として「今年こそ英語をマスターするぞ」と心に決める方も多いのではないでしょうか。

しかし日頃は日常の忙しさに紛れ、なかなか実現できないもの。

今年こそ、まとまった休みがとれるこの冬休みに、楽しく続けやすい英語学習を始めてみませんか?



留学センターブログをご覧いただき、ありがとうございました。

2021年もよろしくお願いいたします!



ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学はこちら



留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら



PCやスマホでお好きな時間に!オンライン個別留学相談はこちら