留学センターブログ

2030年まであと10年!SDGsや関連セミナーご紹介<後編>

オンライン留学
皆さん、こんにちは。

前回はSDGs(「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」)の目標の1~9番目までをご紹介しました!



後編の今回は、SDGsの10~17番目の目標と私たちができること、そしてSDGsに関するオンラインセミナーについてご紹介します。



SDGsの目標(10~17番目)

カラフルなSDGsロゴは一つひとつ目標から構成されています。

それでは、17個あるSDGsの目標の残り半分、10~17番目を、ざっとご紹介いたします!

#10 REDUCED INEQUALITIES
人や国の不平等をなくそう




Reduce inequality within and among countries.
国内および国家間の格差を是正する


#11 SUSTAINABLE CITIES AND COMMUNITIES
住み続けられるまちづくりを




Make cities inclusive, safe, resilient and sustainable.
都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする


#12 RESPONSIBLE CONSUMPTION AND PRODUCTION
つくる責任 つかう責任




Ensure sustainable consumption and production patterns.
持続可能な消費と生産のパターンを確保する


#13 CLIMATE ACTION
気候変動に具体的な対策を




Take urgent action to combat climate change and its impacts.
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る


#14 LIFE BELOW WATER
 海の豊かさを守ろう




Conserve and sustainably use the oceans, seas and marine resources.
海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する


#15 LIFE ON LAND
陸の豊かさも守ろう




Sustainably manage forests, combat desertification, halt and reverse land degradation, halt biodiversity loss.
陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る


#16 PEACE, JUSTICE AND STRONG INSTITUTIONS
平和と公正をすべての人に



Access to justice for all, and building effective, accountable institutions at all levels.
持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する


#17 PARTNERSHIPS FOR THE GOALS
パートナーシップで目標を達成しよう



Revitalize the global partnership for sustainable development.
持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する



私たちができること

上記のご紹介した目標の中で、私たちができることを考えてみました。

12番の「つくる責任 つかう責任」では、私たち個人が実践しやすいテーマだと思います。

主に食品ロスの減少や、リサイクル、自然と調和したライフスタイルの意識を持つとターゲットに記載があります。



13~15番の「気候変動対策、海や陸の豊かさを守ろう」では、個人が実際に行動を起こすのは難しいかもしれませんが、サスティナブルな取り組みをしている会社や商品を支持することができます。

例えば、汚水が出ない仕組みで作られたデニムや、オーガニックコットンやリサイクル素材(エコレザー、エコファーなど)を使用した服を購入するのは手軽にできるSDGsですね!



また、10番の「人や国の不平等をなくそう」では、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位に関わりなく、平等であることを目指すものですが、まずは自分と違う文化や思考の方から話を聞いたり、本を読んだりして、知ることが大切だと思います。

導入として、読みやすく、お勧めの本です↓

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
ブレイディみかこ/著



SDGsテーマのオンラインセミナー

この冬休み、米国シリコンバレーを中心に世界で活躍する方々のオンラインイベント「シリコンバレーSuper Meeting Week」で、SDGs関連のセミナーが視聴できます。



ご自宅からオンラインで参加でき、講演者と直接繋がってお話を聴き、自由に質疑応答ができる、すべてライブで実施されるプログラムです。


#10 人や国の不平等をなくそう

1月3日(日)8:00 - 9:00 
「ルワンダに暮らすということ」
加藤 雅子 氏


加藤 雅子 氏
2017年よりルワンダ在住。日本でホテル業界に勤務していた時に、アフリカ諸国の観光やその土地が持つ独特の文化に興味を持ちはじめた。
 ルワンダ伝統の牛糞アート「 イミゴンゴ」の調査研究、広報活動に力を入れており、日本でも「イミゴンゴ」の展示会を主催した。



1月4日(月)11:00 - 12:00
『Violence or Non-violence Legacy of Dr. Martin Luther King Jr.』
Jonathan D Greenberg 氏

核軍縮及び”Black Lives Matter” (黒人の命は重要)運動に特に焦点を当てたアメリカに置ける非暴力の歴史とその重要性をお話します。コロナ禍に明け暮れた2020年、世界平和への第一歩を新年初頭、皆さんと一緒に考えましょう!
※通訳付き。英語に自信のない方も気軽にご参加頂けます。


Jonathan D Greenberg 氏
スタンフォード大学ロースクールにて30年以上、国際紛争解決の教鞭を執る。
”I have a dream”(私には夢があります)のスピーチで有名なキング牧師の弁護士であり、スピーチライターであったC.B.ジョーンズ氏と2018年サンフランシスコ大学内に 『The USF Institute for Nonviolence and Social Justice 』(非暴力と社会正義研究所)を設立。
各界の重鎮と繋がり世界平和活動への道作りに勤しむ。



まとめ

今回は、SDGsの目標の10~17番と私たちができること、そしてSDGsに関するオンラインセミナーについてご紹介しました。

世界共通目標に向かって、私たち一人ひとりが、SDGsの観点で日常的にできることを少しでも意識して行動していけたら良いですね!

ISI国際学院でも、SDGsのオンラインイベントを企画したいと思っています。

お楽しみに!



ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学はこちら



留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら



PCやスマホでお好きな時間に!オンライン個別留学相談はこちら