留学センターブログ

【コロナ禍の希望の星★マルタ留学説明会】シュプラッハカフェ 土谷さんに語っていただきました!

語学留学
皆様、こんにちは。

好評をいただいております「マルタ留学オンライン説明会」も第三弾の最終日を迎え、先日は、マルタからシュプラッハカフェ・マルタ校の土谷さんをゲストスピーカーとしてお話いただきました。

(写真は、説明会中の土谷さんです)


30分という限られたお時間の中、たくさんの情報をいただきました!

今回は、ご参加できなかった方のために、説明会で教えていただいた情報についてシェアしたいと思います。



シュプラッハカフェ創設の物語

最初は、「会社情報」として、シュプラッハカフェの生い立ちについて語っていただきました。

シュプラッハカフェは1983年、イタリア人のサルノ兄弟によって、ドイツに設立しました。

そもそも、学校名の「シュプラッハカフェ」というのはドイツ語です。

‘‘Sprach‘‘はドイツ語で言語、‘‘Caffe‘‘はイタリアの有職で向上心の高い人たちが集い語り合う伝統的なカフェからきているとのこと。

和やかな雰囲気の中、世界中の人々がその土地の言語で、異なる文化、習慣を楽しみ、成長できる学校を創りたいという想いから始まりました。





シュプラッハカフェ3つの特徴

様々な国で語学学校を運営するシュプラッハカフェグループの特徴を3つご紹介いただきました。

・世界30都市11か国7言語、すべての国で認定を受け、保証されたプログラムを好きな都市で学ぶことができる

・家族経営の理念を大事に、アットホームで行き届いたサービスを提供

・国籍問わず、あらゆる人達が通いやすい適正価格を採用



マルタについて

次にマルタの概要についてご説明いただきました。

環境&文化

・地中海に浮かぶ世界遺産の島国
・EU圏で最も治安のよい国(カトリック教徒98%)
・歴史的な背景から、様々な文化が混じる魅力的な国
・7000年の歴史、素晴らしい建造物
・EU圏内へ簡単に旅ができる

言語

・公用語:英語、マルタ語
・イタリア語を話すトリリンガルも多い

価格

他の英語圏に比べリーズナブル、費用対効果が高い



シュプラッハカフェ・マルタ校のキャンパスについて

次のセクションでは、シュプラッハカフェ マルタ校のキャンパスがある環境や施設・設備などについて紹介がありました。



シュプラッハカフェ St Julians校は町の中心から徒歩15分の住宅地にある学校です。



20世紀初期に建てられたマルタの歴史を感じるキャンパスです!



レッスン以外の時間も、皆がリラックスしながら交流できる環境。



課外活動が大変豊富なのも特徴です。



プールサイドでは交流したり、リラックスしたり、自習をしたり、お仕事をしている人も。



下の写真に写っているバーガーは、学校ビストロで土谷さんが一番お気に入りのランチだそうです!





シュプラッハカフェの授業について

シュプラッハカフェのレッスンは、コミュニカティブ・アプローチを基本としています。

【生徒中心のレッスン】

レッスン中は学習者の会話や発話に重点を置きながら、実践の中から学んでいきます。



レッスンは最大10名の少人数制(現在、コロナ感染対策で最大8名)で、経験豊富な教師がサポートします。

参加型の授業で、実践的な力を身につけていきます。



【マルタ校コースの種類とレベル】



【プログラム例】


・基本英語

言語の4スキル(スピーキング、ライティング、リスニング、リーディング)と文法と語彙といった言語の土台を実践的な授業を通して、体系的に身につける。

・コミュニケーション英語/選択科目

午後は会話中心の授業。話すことを通じて、実践的な力を身に着けます。最近の話題や日常英会話、ニュースに合わせた実践コミュニケーションの演習。ビジネス英語に特化したクラスも。

現在は、インテンシブコースを受講している生徒が多いとのことです!

(コロナの影響で午後の時間の使い方を持て余す生徒さん。安全な学校で過ごす!という方が多いのかもしれませんね)





シュプラッハカフェ・マルタ校の滞在について


レジデンス(寮)かホームステイか選択できますが、おすすめは、なんといっても寮とのこと!

キャンパス内のレジデンス(シェアアパート)で共同生活を送ります。

基本は自炊。通学時間は徒歩30秒から1分!

スタンダード、コンフォート、スタジオの3種類から選べます。
 


ホームステイの場合は、基本は食事2食つき(朝食&夕食)で、現地ファミリーの家にお世話になります。

通学時間は基本的には徒歩圏内。最大でも徒歩20分です。



シュプラッハカフェ・マルタ校のアクティビティについて

週替わりで、受付のボードに張り出されます!

サインナップ制(登録制)で、気になったものは現地でお申込みしましょう!



【1週間のスケジュール例】




とにかく生徒とスタッフとの距離が近い!生徒同士が仲が良い!というのも、シュプラッハカフェの特徴。

寮が学校敷地内にあり、24時間学習施設一体型というのが大きな理由かもしれませんね。

たとえば、授業が終わったら「バイバイ!」と友達と別れ、自分の時間をもつというスタイルの他校に比べて、部屋に戻っても留学生と一緒!

とにかく「英語」を話さなければならない環境に浸れる!というのが良いですね!



シュプラッハカフェ・マルタ校の新型コロナウイルス対策

最後に学校が行っている「新型コロナウィルス対策」についてお伺いしました。

学校の受付、そして、クラスの人数制限などなど。

学生寮において気を付けるべきこと、ラウンジバーのメニュー表など、マルタ政府の規定に基づき、様々なところに対策が見られます。

詳しくは以下をご覧ください。



10月3日現在、マルタでは室内、室外ともに「マスク着用」が義務化とされています。

土谷さんは、毎日バスを利用して通勤をされていますが、とにかく自己防衛をしっかりすることが大事と語ります。

マルタでももちろん、マスクは売っています。

布マスク:2.9ユーロ(1枚)、通常の使い捨てマスク:2ユーロ(5枚セット)などスーパーなどで購入できるとのこと。

ただ、質はぜんぜん日本のものがよいかと思いますので、留学される際は、ご持参いただくのがいいとのことでした。

そして万が一、感染してしまったら?というお話にまで至りました!

・隔離の実施(クラスメイト、寮のお部屋の生徒も状況に応じ)
・オンライン授業への切り替え
・PCR検査を受けて、陰性の結果が出るまで隔離継続
ーマルタでは、公設の検査場(無料)で4か所あるようです。もしくは私立病院(140ユーロ実費)にて、予約は学校スタッフが行います。

上記のこともありますから、必ず、タブレットやノートPCはご持参いただくのがよいかと思います。

現在、対面授業を行っているシュプラッハカフェマルタ校でも、万が一感染者がでた場合、即、オンライン授業に移行となります。



まとめ

今回は、「マルタ留学オンライン説明会」第三弾のシュプラッハカフェ・マルタ校の情報についてお伝えしました。

こういった不安定なコロナ期の留学は特に、日本から遠く離れたマルタに、頼りになる日本人スタッフが学校に常駐しているというのは、頼りになりますね。

今回説明してくれた日本人スタッフの土谷さん。とても明るく朗らかな印象で、相談しやすいと思います。



現地に到着したら、彼女になんでもご相談くださいね!

大好評だったマルタ留学オンライン説明会は、シリーズ3回目で今回が最終日でした。

見逃してしまった方々からリクエストのお声をいただき、12月に再度マルタ留学オンライン説明会を実施することが決定いたしました!

「マルタ」について詳しく知りたい!学校スタッフのお話を聞きたい!という方は是非、次回、ISI国際学院のマルタ留学オンライン説明会にご参加ください。





ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学はこちら



マルタの語学留学の詳細はこちら



留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら



PCやスマホでお好きな時間に!オンライン個別留学相談はこちら