留学センターブログ

国際交流プロジェクト「きずな De オンライン」始動!

オンライン留学
毎年サンディエゴを舞台に開催されるアメリカ人高校生との交流キャンプ「KIZUNA CAMP」がオンラインプログラムとなって、今年の夏に「オンラインKIZUNAキャンプ」を実施。

好評だったので、国際交流プロジェクト「きずな De オンライン」と題して、10月から毎月第2・第3土曜日に開催することになりました!

今回は、今夏に行われた「オンラインKIZUNAキャンプ」の様子、そして「きずな De オンライン」について、ご紹介します。



オンラインKIZUNAキャンプのプログラム

8月11日(火)~8月15日(土)5日間に渡って実施された「オンラインKIZUNAキャンプ」が無事に終了しました。

今年 、初めてオンラインで実施した日米高校生の交流キャンプです。




毎年サンディエゴで実施しているキズナキャンプの「国境を越えたキズナを育む」「国際社会で必要となるグローバルスキルを身につける」というテーマを踏襲。

コミュニケーションを積極的に取りながら、自主性やチームワーク力の向上を目指すプログラムをオンラインで実現させました。

キャンプ期間中は参加者を3つのグループに分けて、下記のプロジェクトを行いました。

  
グループで話し合いをして作り上げた、コマーシャル動画制作プロジェクト作品を是非、ご覧ください。



オンライン交流の様子

日本人・アメリカ人ともに、初日はいい意味でガチガチに緊張している様子でしたが、2日目以降は、早く同じグループの子たちと話したい!という様子でした。

オンラインでも打ち解けるのに時間がかからないのは、デジタル世代の特徴なのでしょうか。

最終日はみんなやり切った様子で、とても良い表情をしていたのが印象に残っています。

今回の交流は、小グループに分かれて動画制作のプロジェクトを行いました。

プロジェクトによっては、創造性が求められるもの、チームワーク力が試されるもの、など多角的な視点でプロジェクトに取り組む力が、完成した動画制作のクオリティーの高さに繋がっていたように思います。

日本にいながら現地のアメリカ人と交流することで、参加者からは

・アメリカ人高校生ともっと上手く話せるようになりたい!
・いつかはアメリカに行ってみたい!
・より英語や海外に興味を持つようになった!


という声を聴くことができました。

最終日には、お互いの努力とチームワークを称えあい、連絡先を交換して終了しました。

キズナキャンプをきっかけに、今後も国境を越えた交流が続きます!




参加者の声

I had a great time last year and even though it'd be online this year I still thought it'd be great to experience again.
-Olivia

I loved Kizuna Camp in the past and was excited to do it this year!
Even on zoom calls which can seem not fun you can still make friends
Thanks a lot for talking with me! I had so much fun and I hope we can stay in touch!
-Charlie

I had a lot of fun, the projects were engaging and fun, and I loved being able to talk to the Japanese students, they're all very nice and fun to talk to.
My favorite part was when we were taking a break from the advertising project, and we all started sending each other pictures of our pets, and I thought that was a great moment.
このキャンプはとても楽しいでした。ありがとう!!!
-Ryan

楽しい以外単語が出てこない!
I really had fun with many of my group members so I really thank them.
-S. M.

最初は周りがみんな英語ペラペラ(日本人の子も含め)で、1人だけ英語がわからなくて焦ったり落ち込んだりの状態だったけど、それでもみんなが一生懸命わかりやすく何度も説明してくれたり、私にわかるように簡単な英語で話題を振ってくれたりして、このプログラムが楽しいものになりました。
動画撮ったり編集したりも、全く初めての状態からスタートして、すごく大変だったけど、とても楽しかったです。
-R. I.

課題を取り組むには日本とサンディエゴの時差があって大変でした。
でも、なんとか乗り越えられたのでこれから難しい課題とかがでてきても対応できる力が身についたと思います。
そして、単純に自分の英語のスキルが上がったとおもいました。
最初の方は緊張していたのですが同じグループのアメリカの学生が優しくてつたない英語でも最後まで聞いてくれたので助かりました。
向こうの学生は本当に優しいので、不安があっても全然問題ないです!
-K. K.



運営機関SKYUSのYukoさんより

弊社としても初めての取り組みである「オンラインKIZUNAキャンプ」のプログラム構築では、日米の高校生が楽しめるコンテンツ作りを心掛けました。

オンラインだからこそできる仕組みについては、講師のジャスティン先生とも何度も打ち合わせを重ね、熟考してきましたので、参加した日米高校生たちが充実した交流ができたことをとても嬉しく思います。

特にオンラインでは、興味のない内容の場合には飽きてしまったり、やる気をなくしてしまう生徒さんが出てきたりするので、日米の高校生の探究心をくすぐるようなプログラムになるよう意識をして内容を作り上げました。

「自分達の家の一部を使って、ハリウッドの豪邸マンションに見立てた動画制作」というお題があったのですが、カメラ越しにお互いの家の様子を紹介しあったりと、このプロジェクトの中でも大変盛り上がりました!

オンラインキズナキャンプの大きな特徴としては、日常では交流することのない “日本語を勉強しているアメリカ人高校生” とリアルタイムで交流できることだと思います。

単なる英語レッスンではなく、英語でのプロジェクトを通して自然にアメリカ人高校生と交流を深めることができました。

私たちがこれまで提供してきたキズナキャンプの大きな特徴だと思いますし、オンラインでもそれが実現できたことは、私たちにとっても大きな一歩となりました。



国際交流プロジェクト「きずな De オンライン」

毎月第2第3土曜日はオンラインキズナプログラムの日!

アメリカ人高校生との絆を作るオンラインイングリッシュキャンププログラム!

「きずな De オンライン」は日米の高校生が合同制作プロジェクトを通して、英語や日本語を使って交流していく、新しいプロジェクトラーニングのカタチです。

アメリカ人講師の他に、SKYUSの日本人スタッフがサポートに入るので、英語に自信がなくても安心してご参加いただけます。


「きずな De オンライン」の詳細はこちら



まとめ

今回は、今夏に行われた「オンラインKIZUNAキャンプ」の様子、そして「きずな De オンライン」について、ご紹介します。

今後もISI国際学院では、新しいオンライン留学・オンライン国際交流プログラムのご紹介に力を入れていきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします!




ご自宅で世界中の仲間とオンライン留学はこちら




留学のこと、なんでもご相談ください!お問い合わせフォームはこちら