留学センターブログ

気軽に高校ターム留学~オーストラリア編~

高校留学
こんにちは。新型コロナウイルスの感染症が未だに猛威を振るっておりますが、きっと来年には事態は収束し(そうでないと困りますよね!)、留学をされる方も多くいらっしゃると思います。

今回は、現地の高校に入り、本格的な留学生活を堪能したいけれど、留学後の日本での学習や受験に影響がないようにしたいという方におすすめのターム留学についてご紹介いたします。



特にターム留学でおすすめのオーストラリアは、治安が良く、人々もフレンドリーで、暮らしやすい人気の留学先です。コスパのいい(!)オーストラリア・ターム留学についてご紹介していきます。


長期留学よりもお手軽な留学スタイル

ターム留学とは、約3か月(現地校の1学期間)の期間、海外の高校へ留学することを言います。現地高校で授業を受けるので、夏休み留学のような語学留学よりは本格的。しかし単位取得や成績評価をされるアカデミック留学(1年以上)とは異なるので、プレッシャーは少なめ。



さらに日本の高校での学習の遅れや受験への影響が少ない点、費用面でも、1年留学と比べて200万円程下がることもあるなど、メリットが多い留学スタイルです。
※ほとんどの場合、日本の高校を休学せず、進級にも影響がありませんが、最終判断は復学される高校となりますので、しっかりご確認ください。


3カ月って短くない?

ターム留学を検討される方が不安に思うのは、3カ月という期間でどれだけ成長できるのかということ。



語学に関しては、高校生のスポンジのような吸収力があれば、毎日の過ごし方次第で、十分英語の上達が期待できます。ただ、留学前にできるだけ語学学習をしておくことをおすすめします。知識のストックがあればあるだけ、現地では知識を使うことに集中でき、語学力向上がスムーズに実感できるでしょう。

また、ターム留学経験者が一番実感しているのが、自己成長です。やはり思春期の多感な時期に、日本を出ること、また親元を離れることは人間力を培う大きな一歩で、留学の期間は問題にならないようです。


オーストラリアなら留学時期が選択可能


ターム留学にオーストラリアをお勧めする理由としては、留学開始時期の選択肢がもっとも多く、柔軟なこと。1月末~・5月~・7月~・10月と、年に4回のチャンスがあります。また、英語力は中級レベル(英検準2級以上)で留学可能です。



オーストラリアは気候もよく、親日家が多いお国柄で住みやすさは抜群です。ホームステイファミリーとの暖かい交流も魅力で、ネイティブの方とのコミュニケーションが楽しめます。




オーストラリア高校留学のおすすめ学校

Mitchelton State High School(公立・共学)



ミッチェルトン・ハイ・スクールが位置するミッチェルトンは、ブリスベン市内から北に約40分ほど行った閑静な住宅街です。小規模ですが幼稚園生から高校生までが学んでおり、優れた進学実績を持つ公立校です。STEM教育、パフォーミングアーツ、ビジネスなど、特長のあるプログラムを提供しています。

1.安全でサポート体制が整っています
2.中退者ゼロ、100%全員を卒業させてきた実績
3.多言語対応可能な留学生ケアチーム

◆ミッチェルトン・ハイ・スクールについて詳細はこちら


John Paul International College(私立・共学)



ジョンポール・インターナショナルカレッジは、ブリスベン中心街とゴールドコーストの中間地点であるデイジーヒルに立地し、幼稚園から高等学校までの教育施設を備えたオーストラリアを代表する学校の1つです。特に、留学生受け入れの歴史は長く27年にも及び、その期間に2度、オーストラリアにおける“ベスト10スクール”に選ばれた実績もあります。

1. 生徒一人一人に教師の目が行き届く少人数制
2. 文武両道が叶う素晴らしい施設・環境
3. 高い進学実績。外国人留学生の99%が自分の希望する大学に進学

◆ジョンポール・インターナショナルカレッジについて詳細はこちら


お気軽にご相談ください!

今日はオーストラリアの高校ターム留学についてご紹介しました。高校留学についてもっと詳しく相談したいという方は、お問い合わせフォーム、またはメールやお電話にてお気軽にお問い合わせください。アフターコロナには留学を検討している方は、お時間のある今のうちにオンライン相談などで情報収集してくださいね!お待ちしております~!

◆デジタルパンフレットダウンロードはこちら


◆オーストラリアの高校留学ページはこちら