留学センターブログ

高校1年留学に行こう!~アメリカ編~

高校留学
新学年が始まり2カ月が経とうとしています。いかがお過ごしでしょうか?
今回は、アメリカの高校1年留学についてご紹介していきます。アメリカの高校では今、学生の皆さんが学年末でテストに追われる毎日となっています。



通常は、後1週間ほどで夏に向け1年を締めくくり、しっかり夏を楽しみ秋からの新学年に備える、重要ながらわくわくする時期です!ちょっと今年は外出制限にお疲れ気味かもしれませんが...。来年は通常に戻ると期待して留学準備していきましょう!


アメリカ1年留学のポイント

先日ご紹介したカナダ同様に、高校1年生での1年間留学がお勧めです!カナダの高校より少し早く、8月中旬頃から新年度がスタートし、年度末も6月第1週目。帰国すると日本の高校2年生の1学期に間に合うタイミングです。日本の大学への受験、と考えると、少しでも早く日本の高校に戻れる方が良いでしょう。



アメリカの高校に留学するためには英語力の証明と予防接種が不可欠!特に予防接種は州や学校によっても内容が異なり時間がかかりますので、遅くとも留学半年前にはスタートできるよう学校選びも早めに1年前には取り掛かりましょう。


公立校×ホームステイがおすすめ!

アメリカの高校留学を目指す場合、私立校を思い浮かべる方が多いと思いますが、1年留学であれば公立高校に行くことも可能ということはご存知でしたでしょうか?ビザの関係で卒業留学であれば私立校となるのですが、1年留学ではより挑戦しやすい公立校がご紹介可能!また、ホームステイをすることで、1年という留学期間でも大幅な語学力アップと異文化交流が叶います!



公立校の特徴としては、

①マンモス校が多い!
 ご紹介している公立校は全て9年生から12年生までが通っていますが、この4学年で全校生徒が2,000人を超えることも珍しくありません。より多くのお友達と出会いたい方にピッタリです!



②留学生が圧倒的に少ない!
 年度にもよりますが、留学生ゼロということもあり得るのがアメリカ公立高校のもう1つの特徴。地元アメリカの高校生の中に混ざって満喫したい、自分の力を試したい!という方におススメです!



③ホストファミリーの送迎付き!
 毎日の登下校はホストファミリーが送迎をしてくれます。「アメリカ留学で不安なところは治安」と頂くことも多いですが、送迎付きなので安心ですね!




カリフォルニア州サンディエゴに注目!

あこがれのアメリカ西海岸、美しいビーチが広がる街です。歴史的にヒスパニック系の方が多いので英語だけでなくスペイン語に触れる機会も多いでしょう。またロサンゼルスやラスベガス、メキシコの国境ティファナなど近郊の都市への観光も楽しめます。



近年のサンディエゴは、シリコンバレーに追随するシリコンビーチとも呼ばれており、ビジネス・先端テクノロジーの街としても注目を集め始めているようです。




おすすめのアメリカ高校留学先

El Capitan High School(エルキャピタンハイスクール)



カリフォルニアのレイクサイドに位置するグロスモント地区の公立高校です。グローバルランゲージ&リーダーシッププログラム、という学生の国際的視野を広げるプログラムを積極的に進めている高校です。

1.グローバルランゲージ&リーダーシッププログラム
2.グロスモント地区TOP3に入る質の高い教育
3.専門的な勉強に取り組めるCTEコース

◆エルキャピタンハイスクールについて詳細はこちら


Grossmont High School(グロスモントハイスクール)



サンディエゴダウンタウンから約20分ほどの閑静な住宅街・ラメサにグロスモント高校はあります。歴史と伝統のある名門校です。スポーツも勉学も、文武両道の高校として認知されています。

1.97年の歴史と伝統を持つ名門校
2.学生のリーダーシップを養うことに注力
3.豊富で活発な部活動

◆グロスモントハイスクールについて詳細はこちら


お気軽にご相談ください!

今回は、アメリカ高校1年留学についてご紹介しました。アメリカ高校留学についてもっと詳しく相談したいという方は、お問い合わせフォーム、またはメールやお電話にてお気軽にお問い合わせください!

◆デジタルパンフレットダウンロードはこちら


◆アメリカの高校留学ページはこちら