【小学生、中学生、高校生向け】サイモンフレーザー大学サマーキャンプ

見出し

▼ ここがポイント ▼
1.タムウッドの国際サマーキャンプは29年の歴史を持つプログラムです
キャンプ滞在中は、Junior(7~10歳)は9人まで、Youth(11~14歳)は15人まで、Teen(15~17歳)は20人までのグループに分かれ多国籍の中で生活します。
2.英語レッスンだけでなく、1日遠足では、ウィスラーやビクトリアといったバンクーバー以外のブリティッシュコロンビアを代表する観光地へ出かけます。
3.サイモンフレーザー大学の施設を利用した大学生活体験型のサマーキャンプです。


伝統あるタムウッドのサマーキャンプ
毎年、世界50カ国以上の子供たちの心に残る思い出と素晴らしい経験を提供しています。経験豊かでプレンドリーなキャンプカウンセラーが子供たちのケアをし、英語講師資格をもった講師陣が質の高い英語の授業を提供し、毎日アクティビティへ出かけ、バンクーバーの主な観光地へ遠足へ出かけます。毎年参加するリピーターの生徒さんが全体の10%というほど、生徒たちやその保護者からも高い評価を得ています。キャンプ滞在中は、Junior(7~10歳)は9人まで、Youth(11~14歳)は15人まで、Teen(15~17歳)は20人までのグループに分かれ多国籍の中で生活します。各グループに一人のスタッフがついて生徒と一緒に生活しますので安心です。

バンクーバーキャンプ(サイモンフレーザー大学)
バンクーバーは世界で一番住みやすい街に選ばれる、とても自然が豊かな都市です。ブリティッシュコロンビア州を代表するサイモンフレイザー大学(Simon Fraser University, SFU)は、バンクーバー郊外バーナビー山の頂にあります。ダウンタウンから車で20分という立地にもかかわらず、自然に囲まれたそのキャンパスはサマーキャンプにとって最高の環境を生徒達に提供してくれます。また、サイモンフレイザー大学の施設はとても近代的でハリウッド映画などに良く使われるほどです。サイモンフレイザー大学が会場だからこそ、カナダの大学生活だけでなく、バンクーバーの自然と都市生活がバランスよく調和した生活も体験することができます。

英語レッスン:15 時間/週
レベル分けテストにより、6つのレベルに分かれて勉強します。小学生と中学生・高校生それぞれの年齢に合わせて特別に作られたカリキュラムにより会話を中心に読解力、作文力、文法、語彙を楽しく学べるように勉強していきます。講師はすべて英語講師の資格を持った経験豊かな人達を揃えています。

アクティビティと遠足
週2回の一日遠足へ出掛けます。一日遠足ではウィスラーやビクトリアといったバンクーバー以外のブリティッシュコロンビアを代表する観光地へ出掛けていきます。遠足以外の日には、アクティビティを体験します。アクティビティの中にはカヤック、水泳、マウンテンバイク、サッカーやフットボールなどの球技、図工などが含まれます。カヤックやマウンテンバイクでは、専門のインストラクターが生徒を指導し生徒が楽しく安全にアクティビティができます。 (すべてのキャンプカウンセラーはファーストエイドの資格を持っています。)寮滞在の場合は、夜にもアクティビティが用意され、ショッピングやスケート、ボーリングなどへも出掛けます。楽しめるように工夫され、カナダでしか味わえないスポーツや自然を体験できます。
サンプル画像
サンプル画像

Teen(15~17歳):サンプルスケジュール

小学生中学生高校生夏休み短期語学留学 カナダバンクーバー 名門サイモンフレーザー大学 サマーキャンプ 英語レッスン アクティビティ 学生寮 国籍ミックス タムウッドTamwood スケジュール時間割

Youth(11~14歳):サンプルスケジュール

小学生中学生高校生夏休み短期語学留学 カナダバンクーバー 名門サイモンフレーザー大学 サマーキャンプ 英語レッスン アクティビティ 学生寮 国籍ミックス タムウッドTamwood スケジュール時間割

Junior(7~10歳):サンプルスケジュール

小学生中学生高校生夏休み短期語学留学 カナダバンクーバー 名門サイモンフレーザー大学 サマーキャンプ 英語レッスン アクティビティ 学生寮 国籍ミックス タムウッドTamwood スケジュール時間割
プログラム詳細
プログラム実施運営団体Tamwood International
(タムウッド・インターナショナル)
プログラム開催場所Simon Fraser University(サイモンフレーザー大学)
開講期間と入校日2022年7月3日(日)~8月14日(日)の間の毎週日曜到着
(*最終退寮日:8月14日)
英語レッスン数15時間/週
英語レベル初級~上級
主な国籍(2019年実績)日本(2~57%)、香港、韓国、メキシコ、中国、ベトナム、メキシコ、ブラジル、ドイツ、フランス他
滞在先学生寮(1人部屋)
通学方法徒歩
食事毎3食付
対象年齢Teen:15~17歳
Youth:11~14歳
Junior:7~10歳
ビザeTA
空港送迎バンクーバー空港より往復
開始と終了日曜日イン、日曜日アウト
日本語対応日本人カウンセラー常駐
グループ分けが現地でされ、自分の担当のカウンセラーがつきます。
担当カウンセラーは、日本人とは限りませんが、キャンプ内には、日本人カウンセラーも常駐しています。

特別到着日の設定(Tamwoodからの提案)

特別到着日の設定の設定

本来、Tamwoodのプログラムは日曜日現地到着、日曜日現地出発のプログラムですが、現在非常にフライトが取りにくくなっていると多くの方にご連絡いただいています。
指定日と期間、指定フライトで到着された方へは空港送迎料金を請求いたしません。どうぞご利用いただき、お申込みいただきたくお願い申し上げます。

Special Airport Transfer(空港送迎費)の免除(プログラム料金の割引はありません)

指定到着日と期間
• 7月18日(月)に到着し2週間もしくは3週間参加
• 7月25日(月)に到着し2週間参加

指定フライト
• バンクーバー: JAL 18便もしくはANA 136便

プログラム料金 フルパッケージ(2022年夏)
期間/年齢別Teen(15~17歳)Youth(11~14歳)Junior(7~10歳)
1週間
344,500円
372,400円
398,700円
2週間
588,300円
600,400円
613,000円
3週間
788,400円
806,800円
825,700円
4週間
982,200円
1,008,500円
1,034,700円
プログラム料金に含まれるもの現地空港往復の送迎費、入学申請料、授業料、滞在先手配料、滞在費、記載分の食費、記載分のアクティビティ、海外送金手数料、弊社手配料
プログラム料金に含まれないもの航空券(日本~バンクーバー)、超過手荷物料金、個人的な費用、海外留学保険費用、オプショナルアクティビティ費用、eTA申請料(C$7)

*指定曜日に到着・出発できない場合、片道19,000円の空港送迎の追加料金がかかる場合がございます。
*大学寮に前泊、後泊を希望される場合、1泊32,000円の追加料金がかかります。(延泊の可否はISIまでお問い合わせください。)
*航空会社の付き添いサービスを利用する場合、片道3,000円の追加料金がかかります。
*入寮時にキーデポジットとしてC$150をお支払頂きます(問題がなければ退寮時に返金)
プログラム料金 滞在自己手配の場合(2022年夏)
期間/年齢別Teen(15~17歳)Youth(11~14歳)Junior(7~10歳)
1週間
270,500円
280,700円
306,700円
2週間
421,500円
437,100円
480,100円
3週間
553,600円
577,500円
640,800円
4週間
670,100円
691,000円
760,000円
プログラム料金に含まれるもの入学申請料、授業料、記載分のアクティビティ、海外送金手数料、弊社手配料

*保護者の方に、毎日、サイモンフレーザー大学まで送迎をしていただく必要がございます。
プログラム料金に含まれないもの航空券(日本~バンクーバー)、超過手荷物料金、現地空港往復の送迎費、滞在費、食費、個人的な費用、海外留学保険費用、オプショナルアクティビティ費用、eTA申請料

日本帰国前のPCR検査+陰性証明書日本水際対策で、カナダ出国72時間前にPCR検査を受けていただく必要があります。
政府認定の所定フォームへの記載が必要ですので、費用は$275~$300のご用意をお願いいたします。

サイモンフレーザー大学キャンプ動画

留学体験者の声

外国人の子が積極的に発言している姿を見て、自分ももっと積極的になろうと思った

■今回の留学を決めたきっかけは何ですか?
英語を積極的に勉強するため。
世界の事をもっと知り、友達を作りたかったから。

■留学中に一番印象に残っていることは何ですか?カルチャーショックなどはありましたか?
外国人と日本人、関係なく仲良くできたことが嬉しかった。
一番印象に残っているのはウィスラーの一日遠足。まだ雪が残っている山に行ったり、山の下にある村でショッピングしたりして楽しかった。
トイレの便座がもっと高いかと思っていたら日本と同じくらいで安心した。
ご飯は期待していなかったけれど、予想よりは美味しかった。


■現地で困った事が起きた時、どのように解決しましたか?誰か助けてくれましたか?
就寝時間直後に鼻血が出たとき、外にいるスタッフに声をかけたら直ぐにティッシュを持ってきてくれた。
ちょっとした事があったとき、グループの担当スタッフに言おうと思ったがうまく伝えられるか迷ったとき、日本人スタッフが助けてくれた。

■ホームステイ先/寮での生活と日本の生活はどのように違いましたか?
特に感じられなかった。

■現地で外国人のお友達をどのように作りましたか?
ノリで作った。積極的に声をかけ、なるべくたくさんの外国人のお友達を作ろうとした。

■現地学校のクラスで一番学んだことは何ですか?
外国人の子が積極的に発言している姿を見て、自分ももっと積極的になろうと思ったこと。

■留学を終えて、自分が変わったと思う部分はどこですか?どのように変わりましたか?
いつも笑顔でいようと思うようになった。
学校でも塾でも、もっと積極的に発言しようと思った。
英語や外国語を勉強して、たくさんの国の友達ともっと会話できるようにしたいと思った。


■その他、ご自由にお書きください!
予想以上に寒く、朝夕は厚手の長袖が必須アイテムだった。
スケジュールに無くても、水着はあった方が安心です。
ビーサンがお風呂の時やカヌーの時などに使えてとても役にたった。


(2019年7月 2週間参加 中学生 R.Nさん)
SFU