15歳以上 温暖で過ごしやすいロサンゼルスのカレッジで留学



▼ ここがポイント ▼
1.充実のアクティビティでロサンゼルスライフを満喫
2.アメリカらしい、美しいカレッジキャンパス
3.ホストファミリーが学校へ送迎してくれるので安心

春のカリフォルニアで英語を学びながら観光名所を満喫できるプログラムです。忘れられない冬休みの思い出をたくさん作れること間違いなしです。開催される学校のシトラスカレッジは、カリフォルニアでも最も歴史のあるカレッジの一つ。2年制大学ながら、約1万3千人の学生が在籍しています。コンピュータ室や図書館を利用することもできます。毎週スポーツやアクティビティが実施されているので、勉強だけでなくロサンゼルスライフを満喫できます。
ロサンゼルス市内まで、車で約1時間、ディズニーランドまでも車で1時間とさまざまなエンターテイメントにもアクセスしやすくなっています。

アクティビティ例)
Hollywood、Beverly Hills、Old Town Pasadena and Shopping、Disneyland、Huntington Library、Downtown L.A.、USC Tour、Ontario Mills Mall、Universal Studios、California Science Center、Victoria Gardens Shopping、Santa Anita Mall、Farewell Party
※アクティビティのスケジュールは事前の予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。また、アクティビティはオプション・有料のものもあります。
サンプルスケジュール
曜日午前午後~夕方
日曜日ロサンゼルスへ到着。ホストファミリーと面会します。
月曜日オリエンテーション・キャンパスツアーグレンドーラを散策
火曜日英語レッスン憧れのハリウッドへ
水曜日英語レッスンカリフォルニア・サイエンス・センターへ
木曜日英語レッスンオンキャンパスのアクティビティ
金曜日英語レッスンオンタリオミルズのショッピングセンターでお買い物
土曜日本場のディズニーワールドへ!(ユニバーサルスタジオへの小旅行もあります)

アクティビティスケジュール(サンプルです。運営機関の都合で変更になる場合があります)

FLSシトラスカレッジ 英語+アクティビティ スケジュール
プログラム詳細
プログラム実施運営団体FLS International
(FLSインターナショナル)
プログラム開催場所アメリカ・ロサンゼルス郊外 グレンドーラ、シトラスカレッジ キャンパス内
開講期間2020年1月6日(月)~4月3日(金)の間の毎週月曜日入校
英語レッスン数15時間/週
主な国籍比率日本(60~70%)、タイ、ロシア、コロンビア他
滞在形態ホームステイ(ダブルルーム2人部屋)
*繁忙期は日本人同士になる場合もございます。
通学方法ホストファミリーが学校へ送迎
食事平日2食付、週末は3食
※ただし終日遠足時は朝食のみ
※お昼は学校のカフェで1食約5~10ドルで購入可能です
対象年齢15歳以上(14歳は相談可能です)
ビザESTAの取得が必要
空港送迎ロサンゼルス国際空港より往復
開始と終了日曜日イン&土曜日アウト
日本語対応滞在中はFLSインターナショナルの日本人スタッフが電話もしくはメールで対応します。(シトラスカレッジにはおりません)
プログラム料金(2020年春)
1週間271,300円
2週間401,300円
3週間531,900円
プログラム料金に含まれるもの現地空港往復の送迎費、入学申請料、授業料、滞在先手配料、滞在費、記載分の食費、記載分のアクティビティ、通学費、海外送金手数料、弊社手配料
※航空会社の付き添いサービスを利用する場合→追加料金は不要です。
プログラム料金に含まれないもの航空券(日本~ロサンゼルス)、超過手荷物料金、平日の昼食、終日遠足時の昼食と夕食、個人的な費用、海外留学保険費用、オプションアクティビティ費、ESTA申請料
※帰国時の滞在先のチェックアウト時間が昼12時以降の場合、3,300円の追加料金がかかります。
※1週間コースの場合、プログラム料金の中に土曜日の遠足代が含まれておりません。
※土曜日の終日遠足に参加希望の場合は、ホームステイ1泊代(6,300円)と終日遠足代(23,000円)がかかります。
※4月4日(土)の終日遠足は学校で企画がございませんので、ご注意ください。

留学体験者の声

楽しむには自分からみんなに声をかけていくことが大切

■今回の留学を決めたきっかけは何ですか?
母に勧められ、新しいことにチャレンジしたいと思っていたのと、英語力を向上させるいいきっかけになると思ったからです。
また、参加できるプログラムが楽しそうだったからです。

■留学中に一番印象に残っていることは何ですか?カルチャーショックなどはありましたか?
同じプログラムに参加していた人たちがとてもいい人でみんなと仲良くなれたこと、そのおかげで授業やプログラム全てを思い切り楽しむことができたことが1番の思い出です。
食事の量や物価などにカルチャーショックを受けました。
日本ではとても安いものがアメリカでは高額だったりその逆があったりして驚きました。

■現地で困った事が起きた時、どのように解決しましたか?誰か助けてくれましたか?
大きなトラブルは起きませんでしたが、ホームシックになった時などは現地で出会った友達と連絡を取っていました。

■ホームステイ先/寮での生活と日本の生活はどのように違いましたか?
食生活が1番大きな違いでした。量や品数などが日本と大きな違いがありました。またシャワーを使える時間が限られていることも大きな違いでした。

■現地で外国人のお友達をどのように作りましたか?
あまりたくさんはできませんでしたが、同じプログラムに参加した外国人とは全員友達になることができました。

■現地学校のクラスで一番学んだことは何ですか?
思いっきり楽しむことやみんなで楽しむには自分からみんなに声をかけていくことが大切だと思いました。

■留学を終えて、自分が変わったと思う部分はどこですか?どのように変わりましたか?
自分が思ったことを正直に言えるようになったことややりたい!と思ったことには積極的に行動できるようになりました。


(2019年8月 2週間参加 高1 H.Kさん)
サンプル画像