カナダ高校留学留学生の声

[カナダ高校留学]留学生の声

どんな高校に留学しましたか?

カナダの英語はなまりがなく綺麗だと聞いていたので、留学はカナダに決めました。私が通ったのは、バンクーバー近郊の緑豊かな街ポートムーディにあるポートムーディセカンダリースクールです。カラフルなロッカーや吹き抜けのカフェテリアがあるおしゃれな学校でした。

楽しかった授業は?

カナダの学校には様々な言語の授業(フランス語、中国語、韓国語、日本語、アラビア語、スペイン語など)があります。アクセサリーを作る授業や車を作る授業など日本にはなかなかない授業もありました。
私はスペイン語と調理の授業が特に好きでした。もともと大学に入ったら第二外国語にスペイン語を履修しようと考えていたので、良い機会だと思いスペイン語の授業を取りました。調理の授業ではほぼ毎日料理をしました。カリフォルニアロールやタコスープなど日本の学校での調理実習では作らないようなものを作れて楽しかったです。
授業ではクラスメイトと話し合って進めていくスタイルが多く、非常に積極的でした。私は胸を張って自分の意見や考えを述べるクラスメイトに良い刺激をもらいました。

ホームステイ体験について

ホストファミリーはカナダ人の夫婦、6歳と3歳のホストブラザー、そして2匹の猫。ホストマザーは文法や発音も教えてくれました。実は私は二度、ホストファミリーを変えたのですが、様々な家族と過ごせたのは良い思い出です。

留学してよかったことは?

自立できたこと。視野も広がり、人として大きく成長できたと思います。日本では家事全般、母に頼りっきりでしたが、カナダでは洗濯や弁当作り、トイレ掃除など自分のことは自分でやらなくてはいけません。また、色々な文化を持つ人とたちに出会って、異なる考え方を目の当たりにし、文化の多様性を実感しました。英語面では、留学前知らなかった単語を自然と会話で使えるようになったり、洋書も読めるようになりました。
さまざまな人種の友人もできました。特に仲良くなったのはルーマニア出身のカナダ人とイラク出身のカナダ人。移民の多いカナダでは2カ国以上話せるのは普通のことで、日本と大きく異なっていました。

どうやって英語を勉強しましたか?

個人的に役立った勉強法は、自分の中で、この単語を使えるようになろうとか、この言い回しを使おうといった小さな目標を立てて、人がその単語や言い回しを使っているのを注意深く聞いて生活することです。そうすると、いつの間にか使いこなせるようになりました。