2017年春休み留学体験ツアー

募集チラシはこちら(PDF)
上海体験留学ツアー3つのポイント
上海ってどんな都市?
上海体験留学ツアーで見学する大学は「2カ国留学できる学科」があります。

2カ国留学とは?

ISIの2カ国留学は、4年間のうち中国とアメリカの2カ国に留学して、中国の大学を卒業し学位を取得する留学プログラムです。
英語と中国語の実践力を高めるとともに、日本と異なる2つの国・文化の中で生活することで、企業が求めるグローバルに対応できる国際感覚と語学力を身につけ、社会へ出ても適応できる実力を養います。
2カ国留学の流れ

2カ国留学3つのポイント

ポイント1日中英トライリンガルになれる
ポイント2就職に強い
ポイント3学費が安い

ポイント1 日中英トライリンガルになれる 中国語だけでなく、英語も上達する「2カ国留学」

日中英トライリンガルになって夢を叶えた先輩
上海でもサンディエゴでも、人との出会いに恵まれました。語学習得の明確な目標をもっていたので、周りの人々が助けてくれました。
高校3年になる春休みにISIの上海体験留学ツアーに参加し、上海(中国)の活気、発展力そして国際的な一面に魅かれ、上海の大学進学を決めました。また、アメリカへの留学も1年間できると知り、2カ国留学に決めました。上海での寮生活はとても有意義でした。ルームメイトはインドネシア人、ロシア人、カザフスタン人で、中国語と英語でコミュニケーションをとる生活でした。
アメリカの留学先:UCSDでは、レベル別にクラスが分かれているため、自分の伸ばしたい部分に集中して勉強できました。留学に行く前にできるだけ日本語ばかり話すような環境を作らないようにしようと目標を立てました。留学を通して、自分に対する自信がつき、ポジティブで前向きになりました。
中国語と英語どれくらいできるようになった?
募集チラシはこちら(PDF)

2カ国留学した先輩の声

ポイント2 就職に強い 英語と中国語を習得し、自信を持って就職活動ができる

日中英トライリンガルになって夢を叶えた先輩
幼い頃から客室乗務員として働きたいという夢があり、「CAになりたいなら英語は当たり前。これからは中国語が必要。」と書かれていた記事を読み、日中英トライリンガルになりたいという目標ができました。ISIの上海体験留学ツアーに参加し、イメージしていた田舎の中国の雰囲気はなく、活気あふれる街並みと異文化に魅力を感じました。2カ国留学ができるという点も自分の希望にピッタリで、留学を決意しました。留学中は、中国語も英語も使える環境を求め、上海とアメリカの両方でシェアハウスに滞在し、有意義に過ごすごとができました。
就職活動は憧れの航空会社1社のみにエントリーし、内定をいただくことができました。2カ国留学が珍しい学歴なので、面接官にも興味をもっていただけました。客室乗務員の夢を叶え、これからは2カ国留学で習得した語学力はもちろん、日本の良さを客室乗務を通して、世界に発信していきたいと思います。
上海での企業セミナー・インターンシップ・人脈作りが就職活動のカギ

ポイント3 学費が安い 学費はアメリカ留学の1/5以下

上海の1年間の学費は約40万円。アメリカの大学はもちろんのこと、日本の国立・私立大学と比べても安価です。アメリカに留学してみたいけど、費用面を心配されているあなた。ISIの2カ国留学なら上海留学との組み合わせで費用を低減することで、アメリカ留学の夢を実現できます。

4年間の学費比較

日本の国立4年制大学
268万円
日本の私立4年制大学
528万円
上海の4年制大学(1年アメリカ留学)2カ国留学
443万円
上海の4年制大学
220万円
アメリカの4年制大学
1,040~1,440万円
※上記は4年間の学費です。その他滞在費や生活費は別途かかります。
※アメリカの学費、公立4年制州外学生:US$23,890、私立4年制:US$32,405を2016年4月現在の参考レートUS$1=110円で換算しましたが、時期によってレートは変動します。(参考資料:Trends in College Pricing 2015, College Board)
※上海の学費には10カ月の進学コースの学費が含まれています。
※上海外国語大学の学費、20,500元を2016年4月現在の参考レート1元=20円で換算しましたが、時期によってレートは変動します。
募集チラシはこちら(PDF)