保護者の皆さまからのメッセージ

【保護者】Y.K. さん

Y.K. さん
海外という厳しい環境で大きく成長することを期待して。

このたび、息子を北京大学医学部進学コースへ参加させていただくことになりました。荻野理事長をはじめ、医学部進学コースの運営スタッフのみなさまに深く感謝いたします。
私自身、海外の医学部を卒業し、現在沖縄で開業医として医療活動を行っています。沖縄では中国や台湾からの患者さんも多く、中国語や英語を駆使するグローバルな医師の活躍の舞台は大きく広がっていくことでしょう。
海外留学は、決して楽な道でないということを私自身が我が身で体験しています。しかし、同じ志を持つ友人と助け合い、さまざまな困難を乗り越える過程の結果、みなさまは多くの宝物を手にしていくことでしょう。

また、国は違えど、病気などで苦しんでいる患者さんはみな同じ一人の人間であることも実感できるはずです。日々の努力を惜しまず、学業に励むことを肝に銘じた上で、勇気を出して大きな一歩を踏み出してほしいと思っています。息子をはじめ、中国で医師への道を目指す同期入学のみなさまのご健闘、ご活躍を心より願っています。そして、医師としても人間としても大きく成長されることを期待しています。

【保護者】J.H.さん

J.H.さん
不撓不屈の精神で、国際的な医師になる努力を。

ISI医学部留学プログラムは、医師を目指す高校生や社会人に「夢を実現させるチャンス」を与えるすばらしい事業です。
北京大学医学部および首都医科大学は中国のトップレベルの医学教育と医療技術を誇り、中国国内はもちろん世界的にも著名で優秀な医者や医学研究者を最も多く輩出している大学です。その大学で学ぶ学生のみなさんは、将来、日中両国の医療にも対応できる医師になり、日本あるいは中国の医療に貢献する国際的な医師になることでしょう。

中国で医学を習得することはまず言葉の難関を乗り越える必要がありますので、日本での習得より倍の努力が必要です。これから医師になるまでの道のりは長く、留学中にさまざまな困難や失敗もあると思いますが、ぜひISIの留学サポートの下で成功に向けて、一つひとつの困難を冷静に克服し、不撓不屈に頑張ってください。みなさんの成功を心よりお祈りします。