北京大学医学部附属病院

100年以上の歴史を持つ中国を代表する北京大学医学部では、9つの附属病院を保有しています。
北京大学医学部附属病院
北京大学医学部附属病院

北京大学国際医院

2014年12月に完成した北京大学国際医院は、医療・教育・研究を行う総合病院として建設されました。
総建築面積44万平方メートル、病床数1,800床、最先端の医療設備を設け、世界一流レベルの進んだ医療を、質の高いサービスで受けられる病院になること、中国の医療体制を改革していくことを目指しています。また、医学教育、医学研究を行うための専用棟や3,252平方メートルにおよぶ研究実験室も設けており、教育や研究の基地として世界一流レベルの人材を育成することも目指しています。

北京大学第一医院

北京大学第一医院
腎臓移植や胸腔鏡手術等を中国で初めて行う

北京大学人民医院

北京大学人民医院
造血幹細胞移植、肝移植、腎移植などの治療レベルが高いです。

北京大学口腔学院

北京大学口腔学院
世界でいちばん規模が大きい口腔専門の病院です。

北京大学第六医院

北京大学第六医院
WHOの北京精神衛生研究訓練センターがあります。

北京腫瘤病院

北京腫瘤病院
癌治療を中心として、悪性腫瘍の研究を行っています。

北京大学首都鋼鉄病院

北京大学首都鋼鉄病院
泌尿器外科、肝胆外科、産婦人科などの分野で著名な医師がいる北京西部の病院です。

北京大学深圳医院

北京大学深圳医院
香港、マカオ、海外からの患者が多い国際的な病院です。