関原 めぐみ さん
【出身高校】県立弥栄高等学校(神奈川)卒業
【留学大学】上海外国語大学 中英国際学科卒業/3年次:アメリカ:カリフォルニア大学サンディエゴ校
【勤務先】某重電関連企業
英語と中国語を習得しトライリンガルに。世界中に友達ができました。就職活動で自信を持って自己アピール。

将来、英語と中国語は必須と考え2カ国留学を決断。

高校時代、週に1度中国語を履修。1年の夏に大連への短期研修に行きました。そこで初めて全く日本語の通じない中国人の先生から中国語を教わり、とても強烈な刺激を受け、中国語学習への向上心がさらに高まりました。
2年の夏休みにISIの上海体験留学ツアーに参加し、上海はとても便利で生活に困らない街だと実感。将来を考えた時に英語と中国語は必要と確信し、語学を習得するには環境を変えなければ!と思い留学を決断しました。

自分の順応力の高さに驚き、世界中の留学生と肩を並べて学習。

高校卒業して4月に上海へ渡航しました。STEP中国(語学研修)では先生の授業がわかりやすく、4カ月で簡単な日常会話は困らない程度に成長。大学入学の準備期間として非常に有意義な時間を過ごしました。日本とは、生活環境、文化、風習が違う環境下でしたが、日に日に順応していく自分自身に驚きました。
9月の大学入学時にレベル分けテストで飛び級班に選ばれました。半年間、世界中からの留学生と切磋琢磨し合い、厳しい学則でしたが、翌年2月から2年生の後期へと1年飛び級に成功。また上海市政府の奨学金を卒業まで受給し大学の学費が全額免除となりました。休日は高校時代から継続している音楽活動を上海でも実現。同じ音楽を志す仲間とバンドを結成し、ライブハウスで演奏したり、日本人の吹奏楽団に所属したことは、とても良い経験でした。
卒業論文は日中のバレンタインデー文化の対比分析というユニークな題材を取り上げ、日中の異なる文化についてより深く考えさせられました。

視野をさらに広げたアメリカの1年。人との出会いに恵まれました。

3年次に留学したサンディエゴは治安が良く、ホームステイ先も住宅街だったのでとても静かでのんびり過ごすことができました。ラッキーなことにホームステイ先は大きなプールとかわいい犬2匹がいて、毎日勉強で忙しい中プールサイドで犬とじゃれ合うことが癒しの時間でした。
初めの頃は英語力が足りないため自分の意志を伝えられず悔しい思いをしましたが、ホストファミリーがとても優しく、週末は必ず家族揃っての夕食や、週に1度近所の方が家に集まる習慣があったため、ネイティブの英語を聞く機会が多くありました。大学での対話クラスではカリフォルニア大学に通うネイティブの学生とディベートする授業が毎週あり、そこで会話力が格段に伸びました。語学力の成長のスピードは想像以上に速く、1年間でTOEICのスコアは200点以上アップしました。
クラスメイトは日本、サウジアラビア、韓国、ブラジル、スペイン、フランス、チリ、クウェート人と多国籍で、様々なシチュエーションで文化の違いや価値観の違いを実感でき、今まで考えたこともなかった意見を受け入れていくうちに自分の視野がさらに広がりました。

就職先からは行動力とメンタルの強さを高く評価された。

1年生の時から就職サイトをチェックしていました。留学中にWEB上で事前エントリーをし、面接日時決定後に一時帰国をしました。興味があったのは、商社、食品関係系、インフラ関係でした。
物が豊富に揃い整備が行き届いている日本に比べ、中国は都心部と農村部での格差が大きいことを実感。インフラ整備は人々の生活にとって欠かせない、日本のみならず世界の生活水準向上に貢献したいと考え、重電関連の大手企業へエントリー。中国への進出もしているため、中国語人材であることはもちろんのこと、行動力とメンタルの強さ、バイタリティを高く評価され、内定をいただきました。中国語と英語を駆使し、即戦力として世界を舞台に活躍できる人材になりたいです。

2カ国留学についてもっと知る

2カ国留学とは
進学コースについて
コース紹介
卒業までのステップ
就職に強い
上海留学の魅力
留学生の声