卒業生インタビュー

奥山愛さん
【出身高校】県立成田国際高等学校(千葉県)卒業
【留学大学】上海外国語大学 中英学科卒業
【勤務先】某化粧品会社内定
大学時代は日本人留学生会に所属し、精力的に活動。日本人のおもてなし精神と高い中国語力で、憧れの日系化粧品会社・空港勤務に。

国内大学では語学力向上に不安を抱いていた時、上海に訪れ留学を決意。 

イメージ
留学のきっかけは、高校2年生の時に、第2外国語の中国語の授業で紹介されたHISの上海体験留学ツアーです。もともと語学に興味があり、中国語は学んでいて楽しかったので、日本の大学で中国語学科に進学しようかと考えていました。しかし、国内大学だと教室から一歩外に出れば慣れ親しんだ日本語の世界。果たして本当に語学力を向上させられるのかと疑問に思っていました。そんな時初めて訪れた上海に、私は衝撃を受けました。まさに百聞は一見にしかずで、想像以上に経済発展した街並みや、大学の環境も整っており、安心して留学生活が送れそうだと思いました。また、父が出張で度々上海を訪れており、中国でも上海だったら娘が大学生活を過ごすのに賛成できると後押しをしてくれました。

大学の授業で中国語力を向上。HSK取得は比較的スムーズでした。

大学の授業は中国語力の向上に特化していて、だいたい2年生の終わりには日中の通訳ができるレベル位になっていました。進級条件のHSKも順調に4級、5級と合格することができましたが、さすがに最高級の6級を合格するためにはかなり努力しました。2年生からは選択科目があり、私は高校生の時から好きだった歴史の授業を受講しました。中国語で学ぶ歴史の授業は非常に面白く、歴史上の出来事も日本史とは違った角度で捉えられていたりと、日本で学んでいた以上に深く知ることができ、興味を持って学ぶことができました。卒業論文は、中国語と日本語の敬語の違いをテーマに取り組みました。厳しい教授で何度も書き直しましたが、最後はなんとか合格がもらえました。

日本人留学生会に所属し、日中交流会やダンス披露など、精力的に活動!

ダンス
私は、大学の先輩方に誘われて、上海外国語大学の日本人留学生会に所属していました。そこで、大学の日本語学科に所属する中国人学生と日本人留学生の日中交流会や、熊本地震義援金のためのフリーマーケットを開催するなど精力的に活動していました。また、幼い頃からバレエやミュージカル部に所属しておりダンスが好きだったので、大学のイベントで社交ダンスを披露したこともいい思い出です。
友人
自由時間は、クラスメイトと上海で美味しいものを食べに行ったり、観光地に訪れたりしていました。張家界というアバタ―のロケ地として有名な世界遺産は非常に綺麗で感動的でした。卒業直前に上海ディズニーランドが開園になり、実家が千葉でディズニー好きの私は早速遊びに行きました。カリブの海賊が日本以上のクオリティで驚きましたし、ターザンのショーが雑技団の様で面白かったです。
また、週に3,4日のペースで塾講師のインターンをしていました。上海在住の現地校やインターナショナルスクールに通う日本人の子供たちに、国語の読解や受験英語を教えていました。そこで、社会経験をさせていただきました。

上海で行われた日系化粧品会社の説明会に参加し、内定。憧れの空港勤務で日本流のおもてなしを。

イメージ
就職活動は、大学3年生になってすぐスタートしました。明確な志望はなかったのですが、空港で働きたいというぼんやりとした憧れはありました。というのも、高校が成田空港のすぐ近くで、放課後によく空港に遊びに行き、ユニフォームを着た綺麗なスタッフさんたちに憧れていたからです。またせっかくなので得意の中国語を使って仕事をしたいとも思っていました。毎年上海では日本の大手化粧品会社の説明会が開催されており、友人の付き添いで参加したのですが、空港内にショップがあり、日本人の中国語人材を必要としていることを聞き、自分に最適だと思い、その場でエントリーし、数か月後には内定をいただきました。上海のキャリアフォーラム等にも参加したのですが、やはり内定をいただいた化粧品会社に興味があったため、就職活動を早々に終了しました。今後は、外国人のお客様に対し、中国語およびその他の言語でも、日本流のおもてなしを感じていただけるよう努めていきたいと思います。

2カ国留学についてもっと知る

2カ国留学とは
進学コースについて
コース紹介
卒業までのステップ
就職に強い
上海留学の魅力
留学生の声