提携大学紹介(アメリカ)

提携大学紹介 3年次留学先/アメリカ


カリフォルニア大学 サンディエゴ校(UCSD)
University of California, San Diego
サンプル画像
● 全米でも、科学・教育分野ではトップクラスの大学
● 多種多様の人種が集まる、国際色豊かなキャンパス
● 暖かい土地柄で、教授・学生ともフレンドリー

カリフォルニア大学サンディエゴ校は科学的な研究において過去に多くのノーベル賞受賞者を輩出している水準の高い大学です。500ヘクタールのキャンパスは太平洋を見渡せる場所に位置し、ロサンゼルスまで2時間の距離です。サンディエゴはアメリカの都市で7番に大きな都市で、美しいビーチ、シーワールドなどアクティビティも多彩です。
1年間を通して温暖な気候、治安の良さには定評があり、快適なアメリカンライフを満喫できることでしょう。カレッジ制を採用しているのがUCSDの特徴。これは創始者の少数精鋭主義を反映したもので、英国のオックスフォード大学やケンブリッジ大学を範としています。Revelle,Muir,Third,Warrenの4つのカレッジがあり、それぞれが違った設立過程、教育方針を持っています。
【概要】
○創立:1960年 ○学生総数:約32,000人 ○留学生数:約5,200人
【施設】
●キャンパス:ビーチリゾート地ラホーヤ海岸の近くに位置し、広大な敷地内にはユーカリの木が多く植えられています。
●図書館:シンボルでもある独特な外観はIDカードや各種UCSDグッズなどのデザインに使用され、館内も充実しています。
●ダイニングルーム:窓から広がるオーシャンビューは見事。
ヨーロッパ、アジア、中南米など、さまざまな留学生が在籍しています。

留学生の声

宮良さん
メキシコ国境に位置する大都市サンディエゴは、治安も気候もとてもいい場所です。
宮良 康太郎 さん
上海外国語大学 中英国際学科3年

アメリカに来る前、一番心配していたのはホームステイでした。
先輩からいろいろな家庭があると聞いていたので、ちゃんとやっていけるかどうかとても不安でした。でも僕のホストファミリーは、フレンドリーでやさしく、料理もおいしいのでとても満足しています。
ホームステイは、一番身近に現地の人と交流できる場なのでとても良かったと思います。サンディエゴは日系の店やコミュニティがあり、治安も比較的良い場所なので、住みやすく、いろいろ挑戦でき、とても充実しているので、ホームシックにも全くかかっていません。
日本や中国と異なる一番印象的なことは「フレンドリーさ」です。
宮良さん
例えば、店での買い物。日本では“いらっしゃいませ”ですが、アメリカでは“How are you?”から始まるので、店員と気軽に会話ができ、コミュニケーションが生まれます。バスを降りるときも“Thank you”と言うと“Have a nice day!”と運転手が応えてくれるので、とても良い気持ちになります。隣人と道ですれ違う時もちゃんとあいさつしてくれます。
今の日本では失われつつあることを逆に感じました。
サンディエゴではいろいろな体験ができます。こちらに来てゴルフを始めました。冬でも暖かく、アプローチは無料で、コースも安い金額で回れます。学校の近くにはビーチがあり、そこでサーフィンやカヤックができます。サーフィンを体験して、とても楽しかったので、暖かくなったらまたチャレンジするつもりです。機会を見つけてほかのことにも挑戦しようと思っています。しっかりと英語を学びつつ、さまざまな経験を積んで、有意義な留学にします。

2カ国留学についてもっと知る

2カ国留学とは
進学コースについて
コース紹介
卒業までのステップ
就職に強い
上海留学の魅力
留学生の声