トロントの壁画

多民族国家のカナダは、高い生活水準を維持し、豊かな自然、穏やかな風土など、多くの魅力に恵まれています。移民が多く、民族の文化を尊重する政策をとっており留学生にとっても居心地のよい環境です。
コキットラム学区バレーボール
個性を重視し、目的に合わせた教育体制
カナダでは必修科目と選択科目を組み合わせて学びます。進学コースと就職コースに分かれており、大学進学する生徒は、大学の専攻分野によって指定される科目の単位を取得し、就職を目指す生徒は実践的な職業訓練科目で、仕事に役立つ知識やスキルを身につけていきます。

世界的にトップクラスの教育価値観
カナダの教育の最大の特徴は、国民の多くが教育に対して高い価値観を置いているところです。国民一人あたりの教育関係への支出額は、世界でもトップクラスに位置しています。また、カナダ政府の推進により、教育分野のIT設備は整備され充実しています。

カナダの公立高校

カナダ公立高校
カナダには、公立と私立を合わせて約5,500校の中学・高校があり、95%の生徒は公立校に通っています。公立校は、カナダ国民に広く教育を提供することを目的としており、各州の教育省のもと、学区内の教育委員会が管理・運営を行っています。そのため、学校による教育方針やカリキュラムの差は少ないといえます。また、公立のほとんどは共学で、制服はありません。高校生の場合、滞在はホームステイで、バス通学が一般的です。
【入学基準】
日本での主要科目の評定平均が3以上(5段階評定)の成績なら、ほとんどが入学できます。評定平均3.0未満の場合は、入学許可が下りないこともあります。また、出欠状況が重要な審査対象になります。英語力の資格は必須でない場合がほとんどです。

60秒でわかる!カナダ公立高校留学ABC

学区を選ぼう!バンクーバー近郊編

バンクーバー学区

バンクーバー学区は、バンクーバーの中心にあり、19のセカンダリー・スク-ルがあります。全ての学校は、教育レベルが高く、熱意のあふれた教職員、充実した設備を備えています。

リッチモンド学区

リッチモンドの10の高等学校はすべて比較的新しい、もしくは近年改装されている学校です。設備も充実しており、体育館、インターネット回線のあるリソースセンター、最新のコンピューター室、科学室、劇場やそれぞれの科目に対応できる設備がそろっています。生徒のコンピューター利用は州の中でも最も盛んです。

バーナビー学区

バーナビー学区はブリティッシュコロンビア州内でも最大規模の学校区の一つです。バンクーバーのダウンタウンからスカイトレインで30分という好条件に恵まれたバーナビーでは、高等学校(中等レベル8年-12年)8校、そして小学校(幼稚園-7年)40校が多種多様なプログラムを開設し、生徒の可能性を大きく広げています。

デルタ学区

高い生活水準と地域の近代的な住居に囲まれ、安全な地域といわれています。90%の学生が英語を第一言語として学生生活を送っており常に上位の教育学区としてランクされており、卒業生は世界中の多くの主要な大学やカレッジへ入学しています。

コキットラム学区

コキットラム学区では幅広い言語トレーニングや、様々なコースを提供しています。高校に入学した生徒は各自の英語レベルに応じたESLクラスで学びます。ESLクラスは全ての高校で開講されており、初級レベルから一般クラスでの学習に移行するためのレベルに対応しています。

ラングレー学区

優れた立地条件と快適な気候、学区の管轄するホームステイプログラムなど。留学生に全面的な支援を行っています。また、必須科目や選択科目の他にIBプログラム、アドバンスクラスへの進級など、特別コースを提供している学校もあります。

アボッツフォード学区

バンクーバーから東へ約1時間の距離にあります。IBプログラム、AP科目の取得、SAT対策クラスを開講している学校もあり、フレーザーバレー大学との提携プログラムなどをもち、国の平均基準を上回る学力レベルを誇ります。

学区を選ぼう!その他のエリア

ビクトリア学区

ビクトリア学区の学校は豊かな歴史を持つ一方で、現代の教育理念も広く反映されています。各学校とも気軽に利用できる図書館や美術室をはじめ、最新のテクノロジーを取り入れた科学ラボ、コンピューターラボ、広い屋外スポーツ競技場などの施設が充実し、各種の分野・領域の課外活動が行える環境も整っています。

ゴールデンヒルズ学区(カルガリー)

カナダで唯一寮を完備した教育委員会で、寮内にはスーパーバイザーが滞在し対応も迅速です。学校には進級準備クラス、大学・カレッジ入学準備クラスが設置されています。生徒へのケアが行き届きやすく、万全のサポートを提供しています。

ライムストン学区(キングストン)

オンタリオ州で最も優れた学区のひとつです。19世紀の街並みと発展した街の雰囲気が混合し、安全性と快適さを備えておりカナダで最も歴史深く、美しい街の一つです。優秀な大学クイーンズ大学がありアカデミックな雰囲気も持ち合わせています。

カナダの私立高校

カナダ私立高校
小学生から高校までの生徒を受け入れているケースがほとんどです。寮制やホームステイ制、男子校、女子校、共学校など、さまざまなタイプの学校がありますが、ボーディングスクールというのは寮制度の私立校のことをさします。大学準備、宗教などに基づいた全人教育など、各学校独自の教育方針で運営されています。一般的に費用は公立高校よりも高いですが、生徒一人ひとりに対して丁寧なサポートが行われています。公立高校と比べて規模が小さく、生徒数は500~800人の学校が多いですが、100人程度の小規模の学校もあります。
【入学基準】
日本の学校の直近2年間の成績証明書のほか、学校からの推薦書を提出する必要があります。また、通常は面接があり、日本からの面接はスカイプ面接が行われます。

モデルプラン

カナダ高校留学

【カナダ・公立高校】留学生 1日のスケジュール例

7:00起床
7:30朝食 シリアルやトースト、 牛乳やコーヒーなどの簡単なものを自分で用意します。
8:00登校 公共のバスに乗って、同じ高校に通うホストシスターと学校へ
8:30~12:30授業 クラスは25名程度で、参加型なので集中して勉強します。
12:30~13:30昼休み ホストマザーが作ってくれたサンドウィッチを食べながら、友達とランチ
13:30~15:30授業
15:30放課後 クラブ活動でダンスクラブに所属。上手かどうかではなく、とにかく楽しもうという雰囲気!
18:00帰宅 ホームステイ宅へ帰宅。ホストマザーが夕食を作っている間、ホストシスターと食卓のテーブルセッティングをお手伝い。
19:00夕食 家族みんなで楽しいディナータイム。今日の出来事を話します。
20:00自由時間 宿題や明日の準備をしたり、シャワーを浴びたりします。家族でテレビを見ることも。テレビはリスニングの勉強にもなります!
22:00就寝