アメリカ高校留学

日本人にとって、身近で留学先として人気の高いアメリカ。様々な文化や言葉にあふれ、自分とは違う価値観を発見することができます。視野を広げ、国際感覚を養う絶好の環境です。

アメリカ高校留学の特徴

アメリカ高校留学
自主性を活かした参加型授業
アメリカの学校の授業は、発表と討論と宿題が大きな要素を占めています。多くの本を読んだり、いろいろな人の意見を聞き、自分なりの考えをまとめる力が要求されます。その結果、探究心を深めたり、学ぶ力が養われます。

進学教育に力を入れている私立高校
アメリカには日本と同じように公立高校と私立高校があります。私立高校は各学校の教育方針により個性豊かな教育が行われています。スポーツの盛んな高校、進学に力を入れている高校などさまざまで、それぞれの生徒に合わせたきめ細やかな授業が行われています。
アメリカ交換留学

アメリカのボーディングスクール

アメリカ高校留学 ボーディングスクール
寮制度のある私立校をボーディングスクールといい、アメリカには約300校あります。アメリカの上流階級子弟の多くは、親元を離れて寄宿制のボーディングスクールで学ぶ傾向にあります。ボーディングスクールの特徴は、キャンパスの敷地が広大で、充実した施設を備えているところです。教育は講義式ではなく、学生による議論を重視する対話形式の授業が行われています。クラスは徹底した少人数制で、熱心で実力のある教師陣による質の高い教育が受けられます。ボーディングスクールに進学する学生の大半は一流大学への進学を目指します。

モデルプラン

アメリカ高校留学

アメリカ・ボーディングスクール留学生 1日のスケジュール例

6:30起床、シャワーなど身支度 ボーディングスクールの朝はとても早いです。
7:00~7:30朝食 ダイニングホールでみんなで朝食を取ります。
7:30~7:50掃除
8:00~15:15授業 他
朝礼を行います。授業は少人数制なので集中して勉強できます。ディスカッションや発表など積極的に発話しましょう。
15:15~17:00クラブ活動(スポーツ、芸術など自分で選択できます)
17:30~19:00夕食、シャワーなど
19:00~21:30スタディーホールで自習 この時間にできるだけ宿題を終わらせましょう。自由時間 友達とテレビを見るなどのんびり過ごします。
21:30~22:00寮のミーティング リーダーのもとで寮の共有事項を伝達します。
22:30消灯 年齢によって消灯時間が決まっています。

週末の過ごし方

サンプル画像
ほとんどの学校は土曜日の午前中にも授業があります。土曜日の午後は学校によって、校内清掃やボランティア活動を行います。
土曜の夜は消灯時間がなく夜遅くまで自由時間を楽しみ、日曜は朝昼兼用のブランチで、ゆっくりと食事をとったり。週末には、様々なアクティビティーを生徒主体で企画します。ハイキング・スキー・スノーボードなどのアウトドアイベントや街に出かけての映画鑑賞、買い物、食事会、博物館・美術館見学、スポーツ観戦など。アクティビティーは掲示板に書いてあり、誰でも参加可能です。また、ゆっくりと週末を過ごしたい学生は、寮の共有スペースや校内でお友達とおしゃべりして過ごします。