アメリカ進学留学

アメリカの大学システム





2年制大学 取得資格:準学士号(Associate Degree)

usacollege
2年制大学にはコミュニティカレッジとジュニアカレッジがあります。コミュニティカレッジは文字通り地域で生活する人の為の公立の学校ですが、留学生の受け入れも行っています。ジュニアカレッジは私立の学校です。4年制大学よりも費用を抑えることができ、また入学に求められる英語水準も低めです。日本の高校を卒業してから進学を考える場合にはカレッジで語学力、基礎教養をしっかりと身に着け、4年制大学への3年次編入を目指すことができます。アメリカのカレッジの最大の魅力は英語に自信がない方でも比較的早くカレッジコースを開始することができ、自分の未来がまだ決められない方でもいろいろな科目を自由に履修し、勉強していく中で夢を見つけることができる、という点になります。

4年制大学 取得資格:学士号(Bachelor’s Degree)

usacollege
4年制大学は総合大学とリベラルアーツカレッジ、専門単科大学に分かれており、総合大学には、カレッジとユニバーシティがあり、公立総合大学(州立)と私立大学があります。特定のコース(医学やアスレチックトレーニングなど)は大学で求められるコースが多く、こちらへの入学が必須となります。カレッジに比べ入学に求められる英語力が高くなるほか、成績平均点(GPA)も平均以上を求められることが多く、その他ACT/SATと呼ばれる学力テストのスコアを提出しなければならないこと、英文でのエッセイや推薦状が必要になること、さらには学費が高くなる場合も多いです。
サンプル画像